だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#487 雨の風の中、「第12回全国土佐和紙はがき絵展」で賞をいただいたので見に行ってきましたよ。2019/03/21

娘と一緒に松山市を朝の7:30出発。 雨の中を高知まで。 アルバイトの先生が来てくれている今日しかなかった。 川之江から高知に向かう途中は、霧とカスミと風と雨で、運転は大変だった。 google mapくんの言うとおりで、9時半に「いの町紙の博物館」に到着。…

#486 お絵かきと、pixivと、料理と、寺田克也さんとか。2019/03/19

思うところあってpixivのウェブ講座でまたキャラクターのデッサンの練習をしている。 今は「何頭身」とかを書く練習をしているけど、 少し前は「モルフォ人体デッサン」という本で、円筒を使って人体を作るというのをコツコツとやっていたなあ。 その頃から…

#485 Staub料理はやっぱりなんかいいよなあ。しんすけsキッチンmemo。

相変わらず絵の練習はしているが、なかなか方向性が定まらない。 自分の技術レベルは「20」くらいなのに、デジタルの絵師たちのレベルをめざそうなんぞ思うのだから仕方ない。 でもね、焦燥感に苛まれながらも、地道にやるしかない。 そんなわけで、あっとい…

#484 しんすけsキッチンmemo 「おからパウダーのとんかつ」とか。

朝からピアノを弾いて、バイオリンを弾いて絵を描いた、 とスタッフに言うと、 「優雅ですね」と言われる。 実は花粉のせいだと思うのだけど、くしゃみと鼻水で、必ず5時前ぐらいに一度覚醒してしまうのだ。 そこでまた寝られればいいが、寝られない時は起き…

#483 デッサン用のシャープペン(KOKUYO鉛筆シャープ)を購入(シャープペン買うなんて何十年ぶりだ^^;)

デッサン下書き用のシャープペンシルを本当に何十年ぶりに買いました。KOKUYO鉛筆シャープ✎#drawing #illustration #あかしや水彩毛筆 #sketch #らくがき#おえかき #copic #鉛筆シャープ 鉛筆の描き味を取り戻そうと、思った。 やはり、デジタルの板に、Appl…

#482 仏、座して語らず。 奈良旅行2日目(2019/03/03)

(ふと思い立って、万年筆で20分位かけて描く) 落成した、興福寺中金堂。 家族旅行の奈良二日目。 釈迦如来を囲んで、菩薩と四天王。 そして仏は座して語らず。 きっと救いなんてどこにもないのだ。 ヒトを助けるのはヒトで、でもヒトを裏切るのもヒトだ。 …

#481 九条ネギの揚げ包み焼きとか、まあ、ほっといても来る結婚記念日とか。

最近は患者さんを看取るときに、「ご臨終です」とつげたあと、「よく頑張られましたよ」と言うことが増えているような気がする。 その時はほんとにそういう気持ちで言ってると思うんだけど、時が経って思い起こすと、ほんとに自分はそう思っているんだろうか…

#480 開業20年、でも20年もするといろんな事が起きるよなあ。真夜中の停電。

夜間透析終了後、病院全体が一瞬にして停電となった。 ブレーカーを調べてもらうが全然落ちていないとの事。 近隣の停電ではなく、うちの病院だけが真っ暗。 スタッフにいろいろ見てもらっても原因がはっきりせず、保守でお願いしている保安協会に連絡を取る…

#479 2019/02/24 Sun「スケッチブックヲトキハナツ」展にゆく。

芸術というのは百人百様だし、それでいいのだと思う。 自分も音楽とか、「おえかき」とかそれなりに携わっているせいもあってか、 いろんな「ART」に触れるようになった(気がする)。 患者さんの中にも「画伯」や「写真家」はたくさんおられる。 そして、そ…

#478 しんすけsキッチンmemo「ペペロンそば・ブロッコリー牛あんかけ・塩サバのコンフィ」

前日ほとんど寝ていなかったのだが、いろいろ考えて2品のメニューを作る。 1つは前日作った塩サバのコンフィー(*)が残っていたので、それで水で締めたそばをペペロン風まぜそばにするというもの。 ちょっと辛い感じの味付けにしてみる。 もう1品は、蒸…

#477 コールドケース2

またまたMacの音声入力を使って入力する(当然後で手直ししますけど)。 (拡声音声入力はくれぐれもoffでね。) コールドケース、凍りついた事件。 警察の倉庫の片隅に、資料として積み上げられた未解決の事件。 それらを、神奈川県警の彼らは、何十年も経…

#476 しんすけsキッチンmemo「担々鍋」

(豚は最後に投入したのでまだですねえ^^;) 仕事終えて帰り、 今宵は、贅沢にカニと豚しゃぶしゃぶ肉を入れての、「担々鍋」。 坦々スープは、豆板醤とにんにくのみじん切りとを炒めて、オイスターソースを加えて、鶏ガラスープで伸ばして、豆乳を加えると…

#475 久々に鯛をさばく(2019/01/22)

患者さんが、鯛と車海老をくださった。 昔、今治に住んでた頃は、港町のせいか時々鯛をくださる方がいたけど、ホント久しぶりだった。 なので、結構気張りつつ帰宅して、そのあしで久々におろしてみる。 キッチンばさみと出刃を駆使して、1時間ほどでなんと…

#474 The Shape of Water(2017)

(観た翌日の今日描いた!) 念願の「The Shape of Water」(2017)を観ることができた。 このレトロ感とファンタジーの融合が素晴らしい。 私事だけど、ちょっと体調を壊してから、慎重に一歩ずつ歩んでいる。 そして、振り返りの期間なんだよとか自分に言い…

#473 師走

外来終わって、透析業務だけだけど、 毎日こうやって働いていると、今日が何曜日なのか全くわからないようになる。 今日は月曜日、大晦日で明日は休みということを再認識する。 さて、そんなこんなで12月も終わろうとしているけど、 12月の慌ただしい時間の…

#472 誕生日は「ル・トワ・ルージュ」で(2018/12/23)。

最近は、誕生日の時、いつもここのフレンチのフルコースをご馳走になっている。 (クリスマスメニューしかこの時期はないので、いつもにもまして豪華な感じなのかな?) 実は、結構昔からお世話になっているのだけれど、今だにワインの事は分からないので、…

#471 映画「FOUJITA」(2015)

2018/12/20 11/14公開:映画『FOUJITA』予告編 小栗康平監督の映画「FOUJITA」(2015)を観る。 amazonでレンタルして、iPadで。便利な時代だ。 藤田嗣治のフランスよみが「FOUJITA」だそうな。 藤田は1920年代のモンパルナスでは、時代の寵児としてもてはや…

#470 「FOUJITAの夢」

FOUJITAの夢 家族旅行で京都に行った。 ほんとたまたま、その旅行の合間の朝のあき時間がちょっとだけあったので、 京都近代美術館で展開されている、「没後50年 藤田嗣治展」最終日に行くことができた。 実は自分で言っといて忘れてたのだけど、最終日であ…

#469 「しめじとトマトの炊き込みご飯 Staub」(2018/12/11)

今週の食事当番は月曜と火曜。 てなわけで、頂いてた新米で炊き込みごはんを作ることにした。 ちょうど、ぶっといしめじ(京都亀岡)が冷蔵庫にあったので、しめじとミニトマトで作ることにする。 冷蔵庫のごぼうの漬物も入れて、その分、塩と醤油は加減しまし…

#468 今日は相棒と6曲と長めのjazz sessionです。

今日はトランペットの相棒と2人でワインバーでライブをする。 そんな大層なものではないのだけれど、ワインバー「グラン・クリュ」のオーナーのご厚意で、30分ほど、プロのピアニストがバックをつとめてくださって、我々二人が、サックスとトランペットでjaz…

#467 ひとりごとです。

器用そうに見えるかもしれない。 何でも出来るように見えるかもしれない。 でも実は愚鈍で亀のような速さでしか進めないでいる。 それなのにいろいろ手を広げるので困った事態に陥る。 サックスからはじめて、バイオリン、そしてドラムに、piano。 金に任せ…

#466 210円のロック(music)

YOU MAY DREAM シーナ&ザ・ロケッツ ロック ¥250 provided courtesy of iTunes NHK福岡が作成した「you may dream」を観る。 シーナ&ロケッツの2人の若い頃の話をもとにしたドラマだ。 録画し忘れたのでDaily motionで観たんだけど、5分ごとにCM入るのは腹立…

#465 about my drawing その3

今日は大学の先生がアルバイトで来てくれるので休みです。 ちょっとやっと落ち着いたかな。でもやることは山積みだけどね。 貧乏性なので無為な時間を過ごすのは嫌で嫌で焦りまくる自分ではあります。 昨日の外来は、昼一番の人が50分以上かかって、後はもう…

#464 台風の日のうちごはん、小皿料理と「伯楽星」。そして絵を描き続ける。

朝、ゴミを捨てる。 挽きたての豆でコーヒーを淹れる。ちょっとの手間で生活は膨らむ。 2年使ったshaverのヘッドだけを交換してみることにする。 電化製品の寿命はいつを考えればいいんだろう? でもこういった日常を彩るものは、地味だけど確実に自分の生…

#463 安野光雅先生の「絵の教室」を読む。

カラー版 絵の教室 (中公新書) 作者: 安野光雅 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2005/12/01 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (28件) を見る 続きです。 で、安野光雅先生の「絵の教室」からは学ぶべきところは、非常に…

#462 「安野光雅展-花と歌、文学の絵本から-」(at奥田元宋・小由女美術館 2018/09/9)

今日は敬老の日ですね。 ところでこんな時代で、敬老って一体何歳からなんだろうね? 先日広島の三次市の「奥田元宋・小由女美術館」に行きました。 お二人とも三次市出身の方で、一人は高名な日本画家(故人)で、もう一人は人形の造形作家で、お二人は夫婦…

#461 語りおろしで、音楽とかそのへんのいろんなことどもについて

その美人シンガーの方がお誕生日だったので、嬉しくなって、翌朝描いて、彼女に送りましたよ♪ 昨日夜遅く(もう一昨日のことか・・)「ハノイカフェ」で白木さんとスタッフのあんちゃんと話した。 「先生はいろんなことやってますよねえ」と言われて、 実は…

#460 井上堯之さんの歌が教えてくれたこと

井上堯之さんのCDをアップルミュージックで聴いている。 「Water Mind」、これは高校生の時、中古レコード屋でゲットした堯之さんのファーストLPだ。 それが堯之さん亡き後もこうやって聴けるというのは素晴らしい。 多分CDとしての発売は難しいと思うもんな…

#459 初盆

灰になってホカホカの遺体は、結構な量の骨をまとっていた。 彼は大柄な男だったかだらけではなく、きっと骨密度は十分にあったのだろうな。 高熱で炭化したその骨を、係の人と親族とで、割って骨壷に入れてゆく。 ここはどこの骨だとか解説しながら、彼はな…

#458 violin弾いたり、放心したり、「東京喰種」読んだり。ああ、日々の中心は仕事ですけどね^^;

セキュリティーだのなんだのって電子カルテではめんどくさいよね。 でも情報が漏れたら俺の首なんていっぱつでパーなんだけどね。 その前にこの日本が大丈夫なのかって言う疑問はは誰しも抱きながらも、振りかえる暇もなく、日々馬車馬のように働いている。 …