だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

LIVE

#350 54歳からのピアノ その7 (最終回?) 「大人のピアノコンサート」で今回は「Waltz for Debby」を。

Piano concert at Shimamura. I play "Waltz for Debby"2016/12/10 いつも何かに追われてるような感じ。 時間との戦い。 でも人生は有限で、人の持ち分は誰しも平等だから仕方ないよね。 まあ早逝する人は別ですけど、誰も自分の人生の残り時間知らないから…

#349 Mannish Boys and Zucchero,come on!

Mannish boys and zucchero,come on! 昨日は「Mannish Boys」のコンサート。 銀天街の地下にある新しいハコ「W Studio Red」。 オールスタンディングだけど「サロン・キティ」よりは広い。 キティは「クロマニヨンズ」で前回いったけど、あの狭さは、頸の悪…

#345 2016/11/11 HDandN(hard days and nights)  その4 祝賀パーティでviolin弾いて、絵を描く。

縁あってエステティックサロン「Goody」さんの10周年記念の祝賀パーティに呼んでいただけた。 時間ギリギリに到着、 あとで聞いたら参加者は28名で、やはり美女が大半で、あとは男の方で、着物の粋な男性もいらっしゃる(あとで骨董商のえらい方だと判明)。…

#344 2016/11/10 HDandN(hard days and nights)  その3 Y’sで「Watermelon Man」を吹く。

夕方の出発前の合間を縫ってviolinの練習。 「赤いスイトピー」のエンディング前のその部分だけ、メロディが変わるところへの移行に躓く。不安。 電車で”がったがった”GO。わずかな雨。家路をたどる人たち。 市駅から歩いて、大街道を過ぎて、国際ホテルを通…

#343 2016/11/09 HDandN(hard days and nights)  その2 アイリッシュ音楽と似顔絵と、そしてもちろんお酒も。

支払いとか入金とかの銀行とのセッションを終えて、アルバイトの先生が来てくださって、15時過ぎに帰宅。 ギリギリまで「赤いスイトピー」その他のviolin練習をして、電車で松山に。 Shemore&moreさん主催のアイリッシュセッションも6回目だったかな? アイ…

#342 2016/11/08 HDandN(hard days and nights)  その1 久々の渡辺貞夫さんだわ!

老舗のlivehouse「Monk」でナベサダQuintetの演奏を聴く。 Sadao Watanabe Quintet 2016. 来年録音に行ってCD作るのだという新曲のリハーサルも兼ねてと、3−4曲を披露してくれる。 ピアノがいい、リズム隊がいい、ベースがクラシカルかつリズミカルで、若…

#334 ~Over the Rainbow~Y’sでセッションに参加する。

今回は「Over the Rainbow」を吹かせていただくことに。 実はかなり緊張していた。 SAXはじめてもう4年位になったかな。 まずは人前でplayするときに、自宅とおんなじくらいリラックスして演奏できるのかというのが第一段階かな。 その前にまあ音楽として聴…

#326 昨日は、仕事を終えてから、violinを持って出かけたんだ。

細かい雨が降り続いている。 今日は一体何の休日なのか、よくわからん。 心のなかにも水が染み込んでるみたいな気分だけど、それは決して悪い気分でもない。 なんだか妙に力が抜けてダラッとした感じなんだよ。 もちろんまだ昨夜のお酒が抜けきってないって…

#313 まつやま子規亭 第2夜「イッセー尾形」 2016/08/06

イッセー尾形さんといえば、自分にとっては村上春樹原作の映画「トニー滝谷」(2003)だ。 あの映画は背後霊のようにへばりついて離れないでいる。 そういうモノたちをいい作品だといえるのなら、 物語の輪郭がなくなってもなおかつ残るという点で言えば、や…

#287 54歳からのピアノ その6 人生はじめてのpiano発表会「大人のピアノコンサート」inエミフル^^

ピアノ始めて10ヶ月経過しました。 はじめてちっちゃいコンサートに出させてもらって、生まれて初めて人前で弾きました。 失敗しました。おわり。 ・・まだ死んだわけではないので、「54歳からのピアノ」完結編ではないですけど、いろんな経緯で、島村楽器エ…

#278 昼から熱燗を呑み、斉藤和義liveを反芻する。おれはウシか!

いや昼から熱燗飲んでどりますよ。 本日は、北朝鮮のミサイルの日ではなくって、愛媛マラソンの日なんで、出場者並びに声援の皆さんご苦労さまです。おれはねえ排他的だからそういった方面には気が回らんのですよね。もう忙しすぎて休まんと。 こないだから…

#269 「花火」by浜田省吾

この12月には、浜田省吾さんの9年ぶりの愛媛公演にでかけた。 新しいアルバムも特に聴いたわけではなかったけど、第一部ではアルバムを全曲披露してくれた。 彼も歳をとった、おれたちオーディエンスも歳をとった。 でも、彼が伝えてくれるものは変わらぬも…

#268 12月の音楽生活

12月はほんとにたくさん人前で演奏させていただきました。 皮切りは12/6寿司屋「幸楽」さんでの忘年会。 Gibsonのギターを持ち込んでの「きよしこの夜」「赤鼻のトナカイ」、彼女やみんなが歌ってくれた「二人でお酒を」、和気あいあいとした夜でした。 12/1…

#267 XmasLivePartyで、嬉しかった2つの言葉(その2)

演奏を終えて、例によって知らない方たちの隣に行って(そりゃ会った時は他人だけど話して酒が入りゃおんなじ日本人で愛媛の友だからねえ^^)、絵を描かせていただく。 なんとその中に、何十年も前にクルマのことで散々お世話になったCさんとかもいらして、…

#266 XmasLivePartyで、嬉しかった2つの言葉(その1)

Xmas live party in matsuyama,I play loud. とあるXmasPartyにお誘いを受けた。演奏してもいいですよ、って。 主催者であるキャサリンさんとは、去年プロのベース奏者の方に当日入っていただいて、Pf/Sax/Bassで「枯れ葉」を演奏したのだった。それはそれは…

#251 「中村達也 独り叩き旅 in Matsuyama(風来坊)」

9月22日火曜日、スターリン(9月13日に遠藤ミチロウさんのライブに行ったばっかりだ。何たる偶然!)にもBJC(ブランキー・ジェット・シティ)にも在籍し、最近では斉藤和義さんともやってる中村達也さん。FB友だちから教えていただいて、このライブに参戦で…

#250 遠藤ミチロウLive at BAR SOHO!

RO KU DE NA SHI 遠藤ミチロウ生誕祭 「Roll Over 60th」 ~還暦なんかブッとばせ!~ [DVD] 出版社/メーカー: 北極バクテリア 発売日: 2012/11/28 メディア: DVD クリック: 12回 この商品を含むブログ (1件) を見る 9月13日の日曜の夜、たまたま見つけた「遠藤…

#209 スタジオOwlに友部正人ライブに出かける。 Rumbling days 1 2015/05/14

心は千々に乱れていた。 乱れた定まらぬココロを抱いて、「友部正人」さんのliveに出かけた。 友部さんは、知る人ぞ知る、「孤高の吟遊詩人」(ってチラシに書いてあるんだもんね)フォークシンガーだ。今回は詩集「バス停に立ち宇宙船を待つ」発売記念ライ…

#140 渡辺貞夫Quintet at Monk 2014/11/11

多分3回めのナベサダこと渡辺貞夫さん。 自分がサックスを始めるきっかけになった神であり、好々爺であり、プロであり、なんといっても現役のミュージシャン。 81歳?信じられる? 行くたびに彼の偉大さに身悶えするわけですけど、 今回は彼の音の繊細さにホ…

#36 Char2014 TRADROCK Tour(一応愛媛が最終公演だった!)

char in Matsuyama! コミセンでCharこと竹中尚人さんのライブ! こんなライブが松山で見れるなんて。 それもツアーの最終日。 大雪で、いけなかったところがあるんで、長野に5月に行くけど、気分は最後だぜぇ~みたいなMCで言って、客を盛り立ててました。 …

#7 そのあとの「なの花」で、料理大絶賛の夜!2014/03/01

視線を引いてお話すると、松山の一番町にある、創作和食料理の「なの花」さんにお邪魔したんですよね。3人で。自分とモー爺ご夫妻。彼らは自分より一回り上の世代で、会社をセミリタイヤーされて、アクティブライフを送っておられる。ひょんなきっかけで知り…

#6 「新道後寄席・第7夜」立川志の輔師匠の「百年目」に唸る夜。2014/03/01

いやあ例のごとく酔っ払って覚えてないんだけど、「道後寄席」で立川志の輔師匠の「百年目」を堪能したあと、雨の中を電車で一番町に向かい、たどり着いた「なの花」のカウンターに陣取ってくっちゃべっていたわけですよ。たまたま隣に居合わせたのが観光で…