読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#100 人生これから先もいろいろあるけどがんばれよな、ファイト!

f:id:ulala_roo:20140824111649j:plain

 

生と死。光と影。

結婚式のスピーチの前に、死亡の知らせを受ける。
結婚式を中座して、行く。
朝も施設を訪れて診察した。
状態は良くはなかったがなんとか持ち直したところだった。
このところずっとの低迷状態なので、先はどうなるかわからないが、透析もできない状態になるとあと数日かもしれませんとと家族に説明したところだった。
花嫁がかざしたブーケから紐が出て、それを友人たちが引っぱる。
最後まで残った紐をもったあたりの女の子が嬌声を上げる。
列席したみなさんとそしておいらも、花びらを新郎新婦に振りまき、チャペルの鐘を二人が鳴らした。
彼女はきれいだった。とってもステキだった。
いろいろあったけど、今日の舞台で、普段はあんまり笑わないきみのとびっきりの笑顔を見れてよかったよ、ほんとに良かった。
空はその日も晴れて、死んだヒトはその空の彼方の薄明に消えてゆくのかもしれない。
落ちていった紐の先にあるものはあるいは若さのうちから実は見え隠れしている死の影なのかもしれない。
若者はそれを知らないだけ、死に近いものは死にことさら敏感になって。
長いこと医者やってるけどこんな日はさすがになかったな。
だからなのかな、彼女へのスピーチの最後にアドリブで付け加えたんだ、
人生これから先もいろいろあるけどがんばれよな、ファイト!
なんかそんな気分だったんだよ、後ろ向きでは決してない、きみの人生はまだまだどんどん広がってくんだよ、未来に向かってね。
そんな短いような長いような一日。
 

f:id:ulala_roo:20140824114406j:plain