読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#140 渡辺貞夫Quintet at Monk 2014/11/11

f:id:ulala_roo:20141111220255j:plain

多分3回めのナベサダこと渡辺貞夫さん。


自分がサックスを始めるきっかけになった神であり、好々爺であり、プロであり、なんといっても現役のミュージシャン。
81歳?信じられる?
行くたびに彼の偉大さに身悶えするわけですけど、
今回は彼の音の繊細さにホント感激しちゃいました。
 
早い時間から並ぶことができたので、ライブハウス「MONK」2列目で鑑賞出来ました。
目の前でナベサダがズボンのポケットに手を突っ込んで立ってるよ、胸のポケットからリード出して取り替えてるよ、カウント取ってるよ、ってな感じです。
自分もプレイしたことある、「黒いオルフェ」、ああこの音だよ、この流れながらささやくようなこの感じから、ソフトな絶頂。
yukoちゃんと、家庭の事情でサックスやめちゃったNくんとの3人組で取り組んで幻に終わった我々の「Smile」を、ナベサダさんが吹いてるよ。
Nくん、ナベサダさんがSmileやってるぜ!おい!・・なんかうるうるきちゃいました。
それは我らのバンド「BBR」の第2弾プロジェクトで、自分はバイオリン、yukoちゃんはピアノ、NくんはSaxっていう、saxでのトリオなのにおのおのが違う楽器で演るっていう、画期的なプロジェクトでありました。
 
仕方のない家庭の事情で彼が去って、それからyukoちゃんが新しくはじめたメンバーに入れてもらって、それから彼女もいろいろあって、我々新しい3人はこの土曜に初舞台を踏みます。バンド名は「Tripods」、三脚という意味です。3人の足でしっかり立って、アーシーなプレイしますよ。
そう、でも、あれからたったの半年なんだよなあ・・時は、いつか人を癒してくれるっていうのはほんとかもしれんねえ・・
なんて走馬灯のようにいろんなことが流れてって、目の前には紛れもない、我々をjazzにsaxに導いてくれたナベサダさんがいる。
 
奇跡のような夜です。
 
19:30スタートで休憩を挟んで2回のステージ、その後にはアンコールも2曲演ってくださって、終了は22時前。
アンコールで登場されて「今楽屋に引っ込んでビール一杯飲んだとこだったんだよ、まだ一杯だけね」って言われて、
聴衆に向かって「この曲はね、もうそろそろ帰ったほうがいいっていうような曲だよ」っていたずら小僧のような笑みで喋ってからプレイされた「you better go now」!
これも素敵です。
 
ステージはあと、家人はCDにサインいただいてご満悦。
おれはね、生のナベサダさん見てると、どのCD選んでいいのかいっつも迷っちゃって、結局ライブ会場では一枚も選べないんですよね。
あはは。