読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#168 風街ろまん~しあわせなんてどう終わるかじゃないどう始めるかだぜ~

はっぴいえんどに捧ぐ

感性の合う彼女が、またDVDを貸してくれる。

 

NHKの番組だ。

はっぴいえんどの「風街ろまん」のマルチトラックが見つかったとこの事で、故・大滝詠一氏を除く3人が集まってトラックを聴きながら喋っている。「はいからはくち」は、「ハイカラな白痴(流行にどんどん乗ってる中身がからっぽの奴ら)」と「肺から血を吐く用にしてコトバを絞る」松本隆氏の想いとのダブルミーニングなんだそうな。なんかそういうのって今でも変わらないな。

 

さっそく、ゴソゴソして1stの「ゆでめん」と、「風街ろまん」と、随分昔買って結構愛聴盤の(それは「はっぴいえんど」の音楽が古びてないだけのことなんだけど)「はっぴいえんどに捧ぐ」というトリビュートCDを引っ張り出してくる。

ボクは、松本隆氏の書く「詩」の世界から、「はっぴいえんど」に辿り着いた。

 

今は昔のこと 末永く暮らした桃太郎のよう

に しあわせになれるという 

御伽話のように はっぴいえんど 

はっぴいえんどならいいさ でも 

しあわせなんて どう終わるかじゃない 

どう始めるかだぜ
昔は今のこと ベンツでも乗り廻わし

二号さんでも囲えば しあわせわせになれる

という 社長さんのように えらくなれたら 

えらくなれたらいいさ でも 

しあわせなんて何を持ってるかじゃない 

何を欲しがるかだぜ

はっぴいえんど

 

 

 

細野晴臣・作曲秘話というのが面白く、ジェームス・テイラーの歌を聞いて自分の音域を悟ったとか、ルーツはバッファロースプリングフィールドだとか、今聞いてもためになるよなあ。いやあ細野さんの「風をあつめて」は、松本隆の詩のすごさから入った自分ではあるけれど、やっぱりすげぇや。

 

そう、happyendなんて終わりはない、どう始めるかだぜ!