読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#198 松山・桜ウォーク14.89km。

日々の戯れ言

頭のなかで生まれたものは、なかなか頭のなかから出てゆかなくってそこをグルグル回るだけというのがあって、それと考えることを放棄するというのは同意義語ではないのだけれど、まあつまり、煮詰まるわけである。

そんな時は、やはりからだを動かすのがよろしいようである。

 

https://instagram.com/p/1B7wQskGRH/

https://instagram.com/p/1B70yaEGRU/

 

せっかくの桜の季節だけど、週の後半は雨模様とのことで、たまたま大学の先生がアルバイトに来てくれてることもあって朝から延々と歩く決意をする。

自宅から、ザックを背負って歩き始める。BGMはスカパラだ。環状線のあたりで3km。藤原のパルティ・フジでおしっこ。そこから東に折れて、石手川沿いを通って東へ。もうけっこう疲れてる。ブルーシートを敷いてるあんちゃんたちとか、ちっちゃい子供の写真をスマホで撮る若いお母さんを見ながらてくてく。鳩は人が来ても動かんし、カラスも然りだ。

紅葉町あたりで北上して、道後公園に辿り着いたのが11時前。

その時点で自宅から歩くこともう2時間。道後公園の駐車場もいっぱいだ。今年からBBQとかコンロは禁止されたのだけれど、屋台は並んでいる。ただしまだ開店準備中のところが殆どで、商品はまだ。子供がコイン握りしめて、おっちゃん焼き鳥焼き始めたよ。でも花の下には宴会というより、花を愛でながら弁当を食べている女性たちは結構いる。桜は満開でもう葉を出しているではないか。こないまで冬だったのにね。

 

https://instagram.com/p/1B8Pu_kGSi/

https://instagram.com/p/1B8YNNkGS2/

 

今回の途中到達点は、伊佐爾波神社のたもとにあるという鍋焼きうどん「まんま(mammam)」というお店。今お気に入りの「海舟」さんという日本料理屋さんがあるのだが、そこにアルバイトできている彼女が、昼間は鍋焼きうどんの店をやっているという話を先日聞いたのだ。それでそこまで辿り着こうと思った次第。

11時過ぎについたけど店はclosed。隣のアートっぽい店が開いていたのであんちゃんに聞くと、だいたい開いてるはずなんですけどねえと、気のない返事。ヘタレて店先に座り込んでいると、おしゃれなカップルもやってくるではないか。人気店なんやね!おかしいねー、11時にあくって書いてあるのにねえ。おじさんが電話してみるわ。携帯が代表番号になってて、してみると、11:30には開けますよって。あと15分あるね。じゃあと、お互いその辺りをラウンド。

これはビール飲まんと死ぬわとうろついていると、老舗の酒屋さんを発見。でも店には誰も居ない。自販機見てると近所のおっちゃん寄ってきて、にいちゃん、最近これが美味いんよと発泡酒を薦めてくれる。高い酒はなあ、ワシラには無理じゃけんのお、税金の問題だけやしねえ、これが一番スッキリ味よ、と。(店先の日本酒見て)大吟醸なんてのお、と、発泡酒をカゴに入れて自転車にまたがり去ってゆく。なんかいいね。自分も麒麟模様の発泡酒飲みながらふらふらとまたまんまの店先に舞い戻ってゆく。

で、あいてました!まんまさん!

鍋焼きうどん頼んで、「海舟」でお会いしたはなしして、だべっていると、つるつる頭の年配の方がやってこられる。なんとなく話してると、博識なご住職で、ひとさまの生き死に扱うだけじゃあ暇持て余しとんでねえと、ミツバチがいない話から、いつしか松山で坊主バーしたいんじゃけどええとこないかなあと・・いうなんか不可思議な話になる。坊さん日替わりで、キープには数珠巻いてあって、説法があって、酔っ払ったら追い出されるんだって。それもある意味暴力Barじゃないかんかな?暇なら寺に遊びにおいでなさいと言われ、さよならをする。出会いは面白い、たとえそれが一瞬の風みたいなものだとしても。

 

https://instagram.com/p/1B8xEBkGTs/

https://instagram.com/p/1B82gbkGT3/

 

そこで元気ももらったので、今度は、道後公園の裏の桜の群生地を目指そうかという予定を変更して、松山城を目指すこととする。

インチキして、上一万までは路面電車に乗ったけど、東雲神社からはやはりてくてく登ってゆく。太腿パンパン。ぜえぜえ。

皆さん、今日の好日しかチャンスないと思ってるのは誰しも同じで、サラリーマンやら制服のOLさんがホント仕事着のままでスタスタ登ってく。

お城も賑わってて、高校生の団体とかも何故かいる。まあ春休みだもんなあ。でも制服だったしなあ。ま、いいか、酒飲んでなかったし。

というわけで、天守閣の入り口から、いつもの様に裏に回ろうとするんだけど(こちらは人が少ないので桜見物には落ち着けるのだ)、なぜか、途中工事中で入れず。その閉鎖口の周辺にもヒトがワンサカ。なわけで座る場所もあまりなく、あいた場所になんとか腰掛けて、汗を拭い、出発。

裏の山道を降りて、二の丸公園あたりで、ゲイのアベック(白人と大学生くらいのお二人で手つないだり腰に手を回したりまあ早く追い越してあげたんですけど、また美術館の脇でかちあっちゃいました)を追い越して、堀之内に降りて、美術館をわき見しながら、堀端の桜を後に、市駅から電車に乗ったのでした。

歩いたのは合計で14.89km。ははは、やったね。

 

でも翌日には容赦なく過酷な現実の風にのっけからカウンターアタック食らって、どんよりなんだけどね。

 

https://instagram.com/p/1B9VbVEGU-/

中途半端なおっさん。お疲れ様です。At松山城。