読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#218 54歳からのピアノ その1

ピアノソロ もっとやさしいオトナピアノ ~はじめて弾きたい20曲 Best Selection 2~ (ピアノ・ソロ)

おれは一体全体なにやってんだろうな?

ピアノを習い始めて一週間目。ドレミファソラシドできるじゃないですか、とおだてられて、先生が選んでくれたのがこの楽曲集。

初めの曲はいきなり両手弾きの課題曲「上を向いて歩こう」。

子供の置き土産の古いクラビノーバに録音機能が付いているのを発見して、それもFDDでということで、なんとか2HDのフロッピーディスクを病院の机の引き出しから見つけて持って帰って、右手パートを録音。それに合わせて左手で弾く。その繰り返しで、妄想では両手で完璧に行くはずだったのだが、そんなに急に、右と左で別のメロディなんか弾けんよね。

それでも自分なりには頑張ったんだけど、棒読みみたいに弾いてますよぉとか、ここが遅いとか、ほらその指じゃないでしょとか(わかってるのよね)、そこはメゾピアノですとか(そんな強弱を今のおれに言うことかいな)、まあバシバシ飛んできますよね、22歳のあゆみ先生。

今までいろんな楽器やってきたけど、1周間でブルーになったのは初めてだなあの、54歳からのピアノでした。

私、この曲好きなんでここまで頑張りましょうよと言われたサラ・ブライトマンの「Time to say good-bye」は3曲め、果たしてほんまに辿り着けるのかいな?

(続くかも^^;)