読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#314 大人の夏休み、里帰り編、同窓会で3年ぶりの岡山にて。

 
 
もう きみにはあえないんだと
遠いようで近い 夏の雲を見上げて 想った
 
遠くに蝉の声
乾いた空気と 滲みだす汗
ポケモンを捕まえて
ポケモンを博士に送って
そんなふうにして 育ったマチを3年ぶりに歩く
 
君がいない街を歩く
 
おふくろに連れて行ってもらった地元のデパートは随分古びてて
駅前に出現したイオンモールはここがOKAYAMAであることなんて容易に忘れさせてくれる
 
キミがいた証を
僕がいたココロの傷を
そんなこといまさらいわれてもしらんわなって
いまになってすきとかいうんならそのときにいってよ
そういやむかしからそんなわけのわからんこといよったかいねえって
隣の彼女がハイボールのグラスを振って笑ってくれたんだ
 
ヒトアメ来るといいね
かき氷とかしたみたいな甘ぁい雨が
みんな洗い流して
 
そんでもって
 
またあおね
またあおう
またあえたらいいな
 
同窓会で岡山に行ってました。
「岡山芳泉高等学校同窓会総会・40週年記念式典・懇親会」という長ったらしいネーミングのものです。
仕事終わってからバスに乗ったので、ついたのは懇親会の前ですね。
実は岡山は高校を卒業するまでいましたんでね。
二次会では同級生の女の子の絵をこれでもかくらいに描かせてもらいましたよ。
(数えたら13枚くらいありました、翌日の朝ホテルで描いたのをあわせると15枚^^;)喜んでもらえたようでなによりです。
翌日は、ふらふらと駅前の巨大なショッピングモールをさまよったり、猫の写真展行ったり、古着買ったり、それこそポケモン捕まえたり、オヤジMusic Paradeなるものに行ってみたり、ほんまのオヤジと岡山で牛タン喰ったりと、まあ非日常な時間でありました。
帰りのバスはギュウギュウで、夏風邪完全にひいちゃいましたけどね。
この街にはおふくろの墓もあります。でも仏事もない自分は墓参りもぼんさんもなく、今回だって花を手向けることも、いやそれ以前にお墓に行くことすらもない。でもそれでいいんです。息子は表町商店街を歩きまわって、そういえば、日傘をさした女性にあなたを重ねたりしてたんですから。