読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#355 音声入力不具合起こり、「ケータイ補償お届サービス」でiPhone交換の顛末。

ガジェット 日々の戯れ言 iPhone・Mac
 
12月中旬くらいからなんかおかしかったのだった。
 
音楽の練習をするのに「Siri,30分タイマーを」とかお願いするんだけど、だんだんSiriちゃんにそっぽ向かれるようになった。
「なにを言われてるか聞き取れません」、
そのうちうんともすんとも言ってくれない感じ。
 
「OK,Google!」さんの方はちゃんと働いてくれるし、
久々に復活させてみた「Dragon Dictation」(自分のblog調べてみると以前に多用していたのが、2011.4くらいでiPhone4sくらいのときでしたよ)もバッチリ反応してくれる。
(余談ではあるが、Dragonの音声認識のほうがSiriを遥かに凌駕していたのにはびっくりした!)
ちなみにもう一つ持っているiPadの方やら、家人とか娘の方のiPhoneも反応してくれる。
自分のやつだけがSiriちゃんシカトなのである。
だからどうもiOSバージョンアップのせいでもないようだ。
 
実は2019年から紙の手帳廃止の構想も進めており(ちょっと間に合わんかったけど、いやオレの人生間に合わんことだらけかな・・)、
そのプロジェクトの中でも「音声入力」はカナメであった。
だって、デジタルの板にスタイラスペンで入力して、それを画像として取り込むというのが、
アナログ→デジタルへの移行でも一番楽ちんなパターンだけど、
それだと、データの検索きかないからなあ。
やはり、textでデータは残しておきたいからなあ。
そのためにもなにがなんでも「音声入力」は必要最低限だったのだ。
それも自分が最も愛するiPhone6sでの頻用がのぞみであったというのに。くくく。、
 
ネットで調べてみると、過去からどうもこういった現象はまあまああったようで、結局は、再起動とか復元してもだめな場合は、交換になるらしい。
ええ、自分もしましたよ。
再起動やら、iTuneにバックアップしての復元やら(2時間位かかったかな)、あの手この手を尽くしました。
Siriちゃんにむかって大きな声でがなると、文節の一節くらいをかろうじて聞き取ってくれるという、なんだか中途半端な感じのレスポンスなので、ずっと迷い続けて、いつかある日治るんじゃないかと思いつつ、結局年を越しました。
 
で、元旦にふと思いついて、ドコモの「ケータイ補償お届サービス」を探し当てたわけです。
以前も液晶割ったときにお世話になったんですよね。
症状を細かく記入して、Webで送信すると、すぐさま代替え機を送ってくれるとへんじが!
なあんだ、これって故障なんだ、あれこれ悩むんじゃなかったわ!
で、たったの一日で代替え機は送られてきて、現在復元中であります。
 
自己負担は7500円で、これを高いと考えるか安いと考えるかは個人次第でしょうけど、あの悩んだ日数を考えると安いものです。
スマホはもはや、PC並だもんなあ。いついかなる故障が起こってもブラックボックスみたいな部分に対してはお手上げだもんなあ。
 
でも完全復元というわけにはいかず(まず送られてきた交換機に最新のiOSを入れるところから始めなくてはならなかった。こうゆうのって、いつまで自分だけで対応できるんだろうかねえ・・)、
ドコモの携帯アドレスは消えてて、焦りましたが、これもネットで調べて、プロファイルをinstallして復元しました。
 
iTUNEと音楽同期設定してなかったので、iPhone内の音楽は消えとりましたけど^^;
まあなんとかなりそうな感じですかね。
 
久々のガジェット覚書であります。