読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#357 2017/01/07-08 ①湯郷温泉

土曜の仕事を終えてクルマで、瀬戸大橋を渡り、かなり遠い、どちらかと言うと鳥取に近い湯郷温泉に。
今回の本来の目的は、さらに遠い「奈義町現代美術館」というところなんですけど、
そこに行くまでのお泊りということで「温泉宿」をチョイスしたわけです。
これがまあ自分の正月休みってことで。
この酉年の一年も始まったばっかりですが、またまた忙しい1年になりそうですけどね。
岡山には高校までいたんですけど、自分のうちにはクルマもなかったので(そもそも運転免許を有しているヒトがいなかった)、こんな県北まで多分行ったことないのではないかと・・。
まあそんなわけではじめて行った小さな温泉街なのに、そこはちゃんとした温泉街でしたよ。
料理もそれなりにゴージャズでした。なんせ鷺の浸かった温泉だもんなあ。由緒あるよなあ。
写真の羅列で温泉気分を思い出しましょうかねえ。
 

https://www.instagram.com/p/BO-qEVtAtrO/

まだ暗い中、湯に浸かっていると、体の中からアラーム音がした。周りを見回しても誰もいない。バブルのはじける向こうに確かに音はあったんだ。そうか自分は自分というアプリを入れられた箱だったんだなと気づく。だから確固たる自分なんてどこにもないんだよとすべてはドロドロに溶解していく朝。まだ酔っ払っているのかもしれない。そう悪い気分でもない。でも夢なら夢でいいよ。こんな朝には誰かあの世から来てくれるかもしれないから。やあって手でも振ってね。また一緒に飲めるといいね。

https://www.instagram.com/p/BO-5hkxArv4/

日本庭園という意匠をこらしたに庭は実はあまり好きではない。一幅の絵画の中に人生を埋め込むというやり方も確かにありかもしれない。ゴーギャンあの有名な作品のわれわれはどこから来てどこへ行くんだろうと言うアレもありかもしれない。でも人生なんてケセラセラでのほうがいいんじゃないのかな。今日はそんな気分です。この水が廻廊をしていく作りの庭ならなんとなく心を解放できるかななんて思ったりもしましたよ。