読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#363 「似顔絵美人300展」の自作パネルの原画とか日々のこと その2-3

f:id:ulala_roo:20170206163630j:plain

f:id:ulala_roo:20170206163817j:plain

2枚めは「before FUDE」
3枚目は「after FUDE」と密かに題した。
 
2016.12月から「筆ペン」という新しい武器も加わった。
ある日、とある「ワイン会」で、目の前の美女が懐から筆ペンを取り出して、「これでわたしを描いてよ」とのたまったのがきっかけだ。
その日は、店のワイン飲み放題お品書きの裏に描いた描いた。
筆のタッチは大型の紙を必要とすることもわかった。A4とかのサイズですかね。こうやってしょうもないことであっても新しい発見は続いてゆうく。唯一腕前の進歩がないだけなのだけれど。
 
実は、最初は、iPadとかでも描いてた。
だから2枚めのカラーの作品はiPadです。でもリアルタイムでモデルさんと対話しながら(酔っ払ってるし)描く楽しさには勝てずに、そのうちお蔵入りになって(なんせ酔っ払ったときだけ描く「酔っ払い画伯」ですからね)、それからボールペン→鉛筆→再びボールペンみたいな変遷で描いてきました。
最近は、サインペンとか、マジックとか(ダンボール紙にも乞われて大晦日に描きましたよ!)いろいろやってるけど、まあ腕はともかく、どのタッチもそれぞれの味があるのはあるもので、面白いです。
 
「美人似顔絵300展」に出かけるときに、銀天街の「三浦屋」さんという文具店で、あらたに「コピック」というペンも購入してみた。どうも漫画を志す方たちの愛用のものらしい。かなり種類も多く、非常に細いものが多かったので、自分は一番太い0.5とかを買ってみた。
 
漫画といえば、中学生の頃、永井豪先生の漫画の女の子のおっぱいどーんとか、ハヤカワSF文庫の松本零士先生の美女イラストとかを模写したのが絵との関わりだった気もする。中学(高校?)の美術で、好きなもの描けと言われて、その頃傾倒していた永井豪の「デビルマン」とシャガールの初期の作品をパチったような絵を描いた記憶があるけど、とても見られた代物ではなかった。なんか変な生物がただ並んでるっていう。まあ美術の才能はないですわ。だからどの絵もおんなじやんとか言われても、そうは傷つかないんですよね(笑)。でも言わんといてくださいね、ですけどね。
 
ともに過ごす空気と時間と、強いて言うならアルコールのはいった独特な高揚感。
それでいいし、それがいいんだと思いますよ。