だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#55 君は今年の冬を知らない

 
あの日の凧揚げのことを覚えているかい
僕は慎重派だってことは知ってるよね
だからなのか それとまったく関係ないのか
ちょっとずつ
ちょっとずつ手元の糸を緩めていった
凧はふわりふわりと
やがて 風に乗って急に跳ね上がった
 
凧の両端を持ってくれてた君は
いつの間にか
ちっちゃくなって そんで透き通って
その凧を持ったままで
どんどんどんどん登っていってしまったんだ
 
冬の空が こんなに澄み渡っているのは
冬の空気が こんなにも凛としているのは
君の舌っ足らずの笑い声が どこかから聴こえるのは
 
そして君は今年の冬を知らない
 
 
【蛇足】
これまた何十年ぶりかの九州南部の旅でした(学会で博多までは行ってましたけど)。
写真は、知覧の「武家屋敷庭園」で撮りました。
今回の旅行では「冬の空」をえらく意識しました。
だからこれらは結局は空の写真で、空は大気であり、大気と空気の感触にほかならないのです。その切れるような空気に触れて、感じて、そして澄み渡った空を見上げるときに、冬をまた今更のように習うのです。
 

 2019/12/31 @知覧