読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#109 今日の午後のグタグタと、iPhone6plusを予約するのこと。

今日はかなりヘビーだった。
 3連休明けということもあってか外来患者さんが凄いことになっていて、また待ち時間を待ちきれずに帰った方もおられた。
中には長年の付き合いなのに待ち時間が長いということで二度と来てくれない人もちらほらいたりして、そういうことが続くと非常に悲しい。
医者として一生懸命やってるつもりだけど、やはり待たせるということは商売としてはマイナスポイントなのだからね。
そしてそのことを非常に違う観点で憤る人がいて、哀しい想いもしている。(まあ気持ちは重々分かるんですけどね)
自分の病院の話ではないが、医者は金回りの良い患者とか、金回りの良い検査を優先してるのだとか揶揄するネットを見て、非常に悲しい気持ちになった。
そんな考え持ってるヒトはこんなに無駄の多い医者なんて職業選ばんと思いますよ。
 
7月は病院の決算期なので、その税金の申告についての説明を受けるのだけど、それがすんで、5分遅れで、バタバタしながら9月の四国透析学会の予行演習を見る。
自分はいろいろ意見を言う方なんだけど、発表する人が自分の中の力を120%出し切っているのか?自分で言ってることが他のすべてのオーディエンスにきっちり伝わっていると思って話しているのか?そんな観点で添削している。
発表が終わってしまったら全て終わってしまうような発表ならしないほうがいいと俺は思う。発表のための発表は虚しい。
そして俺はそう教えられた。
だから今ではできっこないけど、自分が発表したものはきっちり一つ一つ論文として投稿したものだ。
それを教えて下さった上をおれは今でも尊敬しているよ。だから若いやつもなし崩しの発表じゃなくってちゃんと自分の力を120% 、いや 250%出し切って欲しいと思うんだよ。間違ってるかな?
 
予行演習が終わってから病棟回診して、給与明細を作り始めたんだけど、もう頭が真っ白になり始めて、時間が押して途中でキャンセルして、バイオリンのレッスンに出かけた。心に余裕がないと音楽はやはりダメだと思う。最低の出来だった。
先生に今日は楽器がなじんでませんねなってません、私がなじませてあげますと、おれのバイオリンを弾いてくれた。
おれのバイオリンは自分では鳴らないような素敵な音を奏で始めたんだ。
おれのバイオリン、ごめんな、おれがもっと良い音を鳴らしてやるから、頼むから辛抱してくれよな。
 
それが終わってからふと思いついてiPhone6plusのことを聞きにエミフルのドコモに出かけた。いろいろ聞いて、研修生の兄ちゃんがいろいろ教えてくれた。
下取りというのはあれはiPhoneを使っている人がiPhoneの新機種にする時のみ適用されるんだってこと。いろいろあって今回はドコモのiPhoneにしたかったので、下取りは適用されないってことになった。自分は64ギガのiPhone6plusを予約して帰った。でもiPhone6plusはもっとも人気が高いみたいだ。いつ手に入るのかはわからない。アメリカでは普通の6は在庫ありだけど、plusは不明だと新聞記事で読んだ。みんなplusの先のiWatchを待っているのだと思う。
そんなこんなで家に帰ったらもう7時半で、ヘロヘロの自分は犬に餌をやって、それから風呂に入り、今日の料理の下ごしらえを半分ぐらいしながら、ぼーっとしながらまた家で雑用にとりかかった。
いったい自分がどこにいて何をしてるのかいつも分からなくなる。ただ目の前のことを一つ一つ片付けながら、長いビジョンを忘れないでいることだけだ。
 
まとまりのない文章になったがこのへんで一旦切る。
 
諸君の幸運を祈る。