だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#677 透析室にやって来た彼との付き合いももう23年になった。

a.
 
昨日はまた一山超えた。まあそれも次の山が訪れるまでは、という感じだ。
なので本来はお疲れといきたいところだが、心は高揚しなかった。
体の周りに薄い皮膜が張り付いていて取れない感じだ。最近この感触がいつもだ。
 
ちょっとやばいぞ、おれと思いながら、なんとか身軽をモットーにあくせくしている。
 
b.
 
18時からWebセミナー。臨床工学技士対象のものだ。
実は、当院の透析室技師長の彼が発表する。
昼、奴がえらく緊張していたのでとりあえず茶化してはおいたけど、リラックスには至らなかったみたいだ。
 
『キンダリー5Eの導入〜クリニックの観点から〜』
 
というもので、ほぼ自院のデータだけで50分構成されている。
自院のデータだけだよ、すごいよね。
そんな彼の話を聴いていると、一応師匠である自分は、こんなに偉くなってもういつ死んでもええなあと思いますね。
 
やつとは、開業以来の付き合いだ。
彼が、新卒予定の学生の時に面接して、3名の候補者から彼を選んで、当院で1名だけの専門の技師さんとして卒業したてで来てもらったのだ。
その時はまだ大きな水槽の中で透析液を撹拌して作成するという原始的なシステムで、
西も東もわからない彼には来てすぐに松山赤十字に研修に行ってもらったので、
朝は自分がしばらく水作りをしていたのだ。ぐるぐるぐるぐるかき回すんだよ。手動やらモーターでね。
まあ患者さんもほぼいなかったのにそんなことが可能だったのだ。
彼が自分の穿刺を見て、自分でもやってみますと言い出すのには数年を要した。奴は慎重派なのだ。
(その他過去は容易に思い出せるが・・割愛)
その彼が今や、十数人の部下を率いて、当院のすべての透析を見てくれているんだからね。
ここまでよく来たよなあ、お疲れ様、これからもよろしくね、と肩を叩きたいところだが、
多分今は彼の方が先を自分の先を走っており、肩を叩かれるのは自分のほうかもしれない。
あはは、また昔話になってしまった。
 
c.
 
ほんと、他の透析室とうちの違いは、当院はほぼ技師主体の透析室であるということだろうか。
 
彼がやってきた時に、
「うちの病院は、すべての透析業務を技師さん主体でやろう。
技士が臨床工学士であるのは勿論のこと、医師でもあり看護師でもあり、介護もするし、全人的存在であるというふうにできたらいいな。だから、よくある、機械だけ、水(水質・エンドトキシン(開業当時はそんな言葉なかったかも・・))だけを見ているというのはなしにしようね。」というふうに伝えたのだった。
 
だから、自分は自分の透析室を誇りに思っている。
リンの管理は悪いし、医者はそう優秀でもないかもしれないけど、うちの透析室は誇れるし、こんな発表までしちゃったよ、てなことを、台所にMacbook置いて講演聞きながら、夕食をつくりながら、考えてたんだよ。

#676 うちごはん しんすけsキッチン と「解放の呪文」(吉田秋生)

a.
 
土居義晴さんがいいこと言ってるよね。
 
一汁一菜は手抜き料理ではありません。
日本の食文化…自然と人間がうまくやっていくための知恵…にあるお料理の始まりです。
 
ほんとそれで十分なんだと思う。
 
今はみんながハレの日ばかりを追い求めてて、
自分もそういう傾向あるけど、祭りばかりでは疲れるよと思いつつ、
自分も踊り続けようとしてるよなあ。
 
昨日は沼津から送ってもらった干物を3種類と、
ヨーグルトを水切りして出たホエイで、創作汁物を作る。
 
冷蔵庫にあった赤いピーマンと、白瓜と、ヴォリューム増すために鶏肉も入れて、すまし系の汁とする。
 
これと魚沼の米だな。
 
力振り絞って、寝るまでバイオリンの練習。
 

夢の園 (PFコミックス)

 
b.
 
ピアノの発表会が終わって、開放感があったのかなあと思いつつ、人生で何かから解放されるのって実は最終地点でしかあり得ないのだと思い、愕然として、それでふと思い出したのがこの漫画だった。
 
吉田秋生先生の『解放の呪文』という漫画。
院長室の本棚から探し出して読んだ。
 
昭和58年位のやつだったかな。
解放の呪文は、実はそういうことだったんだけど、堤彼女のストーリーテリングはその昔から素晴らしかったと言うことを再認識したわけで、その短編集にカルフォルニアストーリーズのヒースの話も入ってて、もしかしたら、あまりにも読むのがつらくってもう何年も手に取ることができずにいる『カルフォルニア物語』を、また再読できるかもしれないと思って、その短編集を1日1編ずつを読もうと思っている。
 

#675 I played 'TENESSIE WALTZ'on Pf.at IYO-MIRAI HALL.

 
昨日のピアノ発表会だけど、やはり練習のようにはいかなかった。
大人のピアノは4人で、その2番目にスタインウェイのピアノで弾かせてもらった。
 
『反省点』
・譜面を見なくて弾いている。なのに手元の指の着地位置が異なった。異なると修正が効かないでも音は進めてゆくことはなんとかできた。
それでも進めてゆけたとしても、やっぱり走りすぎて(うわずりすぎて)、うまく鍵盤に指がはまらなかったというのが1番の失点だね
・ルバートすぎる、演奏が。リズム感がなさすぎる。
・この演奏から自分としては初めてペダルを取り入れた。
演奏後、先生はペダルが少し残念だったと言ってたけど、自分にとってはペダルは初心者なのでまぁわからなかったというのが実感。そこまで到達していないのだ。
 
『良かったと思う点』
・一瞬止まったけど、持ち直して、とにかくほとんど止まらずに最後まで弾ききった。この1点だけだ。でもこの1点は自分にとってはすごい進歩だと思う。
 
1日たって思うのは、やっぱり自分では音楽の才能なんてねーじゃねーのかということで、音楽のミューズはこっちをみてもくれなかったということ。
非常に落ち込むけど、どうなんだろうね。
毎度といえば毎度だからね、まぁやり続けることには間違いないからポジティブに考えるしかないね。
 
さて今やっている楽器を列挙しておく。
 
アルトサックス(今はテナーサックス) 
エレ笛(こないだ買った)
ギター
バイオリン(こないだエレキバイオリン買った)
ピアノ(亀のあゆみ)
 
こうやって無節操にも見えるくらい楽器に手を出している自分を見て、ずっと昔に、二兎を追うものは一兎も得ずという格言を、音楽仲間からいただいたことがある。
でも、その後、自分がどれに対しても真摯に取り組んでいる姿を見てその言葉を撤回してくれた。
 
そしてまた、昨日、仲間からいい言葉を聞けた。
 
俺たちにはもう残り時間が少ないんだから、やりたいことをやっとかんとね、先に立つ後悔はないからね。
そうなんだ、死ぬ前に後悔しても始まらないからね。
 
その通り。
 
*自分のための覚書です。

#674 中島久恵さんの本で練習して、いよいよスローですけど「テネシーワルツ」に挑戦です。

Piano

 
コロナの集団接種に出かけるために、外来の受付時間を1時間早くしている。
それでもギリギリだ。
時間との戦いは疲れる。何かが終わっても次の何かが待っているのだからなあ。酒を飲んで全てを放棄して廃人にまたなりたくなるよな、全く。
逃げたい逃げたい逃げたい。
こんなはずじゃなかったこんなはずじゃなかったと、壊れた九官鳥がネジも巻かないのにどこかで繰り返して喚いている。
10月からオミクロン対応のワクチンが出るという関係なのか、今日の集団接種は閑散としている。
それでも医者も4人スタンバっているし、スタッフはフル稼働だ。
なんだかなぁと思う。
帰りにちょっとだけ寄った大型商業施設エミフルは、いつもにも増して人が増えている。もうコロナが終わったかのようにね。
病院に帰るとたちまち現実に引き戻される。
 
ところで、明日は、午後から音楽教室のピアノの発表会。
亀の歩みよりも鈍く、上手くならないピアノだけど、人前で、最後まで一人で初めて最後まで一人で弾き切るというのが今回の目標だ。
題目は「テネシーワルツ」
中島久恵先生のアレンジだ。
中島先生はジャズ漫画『PIVOT FOOT』も描かれるという多才ぶりで、誰のチョイスでもなく、その先生の本をネットで吟味して手に入れて練習を始めた自分にとっては、ちょっと誇らしい存在の方だ。
 

ジャズピアノテクニカルメソッド ジャズの練習 ビギナー編 中島久恵 著

 
ジャズ漫画 ピボットフット | ジャジーランドブログ https://jazzyland.co.jp/blog/2021/09/03/pivotfoot-7/

#673 秋の気配とコロナ自粛期間の短縮。

Penguins

 
昨日初めてアイスノンなしで寝た。
 
家の人は冷房はしないたちなので、夏寝る時は結構地獄のようだ。
 
以前は自分だけ冷房をかけて寝る直前に消していたりしたけど、真夏は冷房を消すと閉め切った部屋はすぐに暑くなるなので、その方法では逆に寝れないので効果がないことに気づいた。
 
さて次にどうするかと言うことで、窓を開けて扇風機をフルでかけて寝ると言う方法をしていたけど、それもなかなか辛い。
そこで家人が教えてくれたのは、アイスノンをあてるという方法だった。
頭をきゅっと冷やして寝ると結構いけるものだというか、体がそれに馴染んで、今は窓を開けた部屋で、アイスノンを後頭部に当てて、扇風機を2時間のタイマーにセットして寝ると言う手法で、結構寝ている。
当然起きてみると、寝間着はグシュグシュになって、布団なんぞ全くかぶっていないというのが夏の状態ではあるのだけど・・。
 
そんな夏もいつか終わるもので、
この1週間位前かな、扇風機をやっと止めることを思いついたわけです。
夜の風がちょっと涼しくなった頃かな?当然隣で寝ている人は長袖の服を着て寝ているわけです。
しかし自分はまだまだ頭が暑くてカッカするわけで、そうそうもう一つあった、寝る前にしこたまお酒を飲むという方法がね。
まぁこれはあまり有効というか有益ではないので、今は止めている。
その昔は睡眠薬とお酒と言う、非常に医者としてはやばい手法をとっていた時期も長くありました、ということを告白しておきます。
 
昨日の夜、やっとアイスノンなしで寝てみたのだった。
 
毎日が忙しく、体がヘロヘロというのもあるけど、くたくたで帰り、晩ご飯を作って、炭水化物とかタンパク質やアルコールが胃や腸から徴収されてゆき、1日のDuty終わると思うと、もうそれ以上何かをすることなどできなくなってしまうのでした。
 
それでも一生懸命、日曜日の発表会に向けてピアノだけは弾いている。
 
昨日は、これからはやっぱりアンサンブルを大切にした楽曲したいなと、久々にウェブ上で曲を作るソフト「Flat」に向かってジャズのスコアを作ってみたりもした。
そんな感じで今朝はピアノも弾いてみましたよ。
 
コロナの自粛期間が急に変わったりと(短縮ですね。気をつければ必要最低限の外出とかなんか微妙なこともたくさん書いてあったな。)、政治に翻弄されているけど、本質は、コロナ以外も含めて、いかに疾患の人だけではなく、疾患に関わる人たちの疲弊を避けるということも、医療の本質なのだと思う。病気を治すだけの医療は、この診療所というシステムでは最優先には決してならないのだと思う。

#672 病院/家/病院/家

 
朝早くから呼び出しで病院へ。
 
家にいるのか、病院からちょっと家に帰ってまた病院に帰ってきているのか、どちらが主体かわかならい。
だから小刻みに時間を区切ってできることをつまみ食いのようにしている。
 
それがいいことなのかどうかわからない。
 
昨日あることに触発されて、
RICOの2.0のテナーサックスのリードを島村で購入した(今は別のメーカーの2.5を使っている)。
なぜか30%offだった。
自宅で、柔らかいリードで吹くと、確かに低音の鳴りは良かった。
でも音のblow感は2.5が勝ったので、しばらく二股で練習しようと思ったりした。
そうやってあっという間に時間だけが過ぎていった。
いずれにせよ、相変わらずアンブシェアは甘く、間抜けな音しか紡ぎ出せない。
「Blues in the closet」という曲をやって、
これをバンドでやりたいなあと思った。掛け合いでね。
ギターとベースとドラムと、そうなると自分はやはりサックスだろうな。
それで今度はDTM(logic pro)の入っているマックの前に座って、デモを作り始める。
そうやって時間ばかりが過ぎてゆく。
 
お酒を、自分の意志で選択しない「ソバキュリアン」の記事を読んだ。
うなづけるものがたくさんある。
自分のことは自分で律することの大事さはわかる。
家でお酒飲むと、そのあとはもうヘロヘロだもんな。
 
でもお酒で自分のいろんなことを解放してやることも大事だと思う。
昭和だね、考え方が、と言われたらそれまでだけど。
それをお酒に頼ることは邪道かもしれないけど、やはり頼る。
頼りすぎるくらいに頼る。
 
結論としては、やはりお酒とうまく付き合うという、それだけの話ではあるのだけど、
いまだに距離感が掴めない。
 
距離感を掴みかねるのは人間関係でも同様なのだけどね。
 
全く生きてくのは難しいよ。
 
コロナ君にはこの気持ちはわからんだろうけどね。

#671 Bye-bye

 
夜の河を渡っている
腰から下の感覚がどんどんなくなってゆくのがわかる
あゝ もうおれは沈んでゆくのだなと思っていると
霞んだ視線の中で
水面がキラキラと踊り出す
夜はそして しんしんと ゆっくりと やがて大胆にあけてゆく
 
そして おれは
そして おれは
一歩を繰り出す
また 一歩を繰り出す
 
頭の芯はいつも覚めているのだと
君はいつもうそぶいていた
coolだね あんたは
おれも適当に調子を合わせていたんだ
二人で限りなく杯を重ねたよ
夜が狂ったリズムを奏でてたんだ
頭は生きているうちに使わなくっちゃね
だって人生は短すぎるよ
恋をするにも
駆け抜けるのにもね
 
残骸になる前にあっちにおさらばしたあんたに
あっちの様子を今更聞いてみたいかもしれない
どうだい まだ覚めてるかい ってね
 
でもおれは
夜の河を渡って
 
夜の河を渡って
朝日の中に還ってゆくよ