だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#386 Talk about…2017/06/28 VOL.7. playing violin,playing sax.

2017/06/28は、ウクレレデュオ「オルオル」さんをバックにviolinを弾かせてもらいました。
曲は「バードランドの子守唄」、なんか、2回もやらせてもらえました。
自分だけではなかなか独り立ちできず、violinの先生に3rd positionの指使いを教えてもらったり、自分で作ったアドリブを今回はきっちり譜面にして、それを練習してのぞみました。
ホントは心の赴くがままに、音を紡ぎ出せればいいんでしょうけど、現時点ではその方法論は時期尚早と判断したわけです。
毎月、新しい曲を自分で決めて、それをどういう風に弾くか考えて、アレンジして、それで必死こいて練習してplayするんですけど、そうやって人前でできるのも、一緒に演奏してくださるスーパーミュージシャンの皆さんがいるおかげなんですよね。感謝です。
 
以下、独白です。
 
そうだよね。
JAZZは自由だよね。
例えばBeatlesのコピーをするのもすごいことだけど、下手くそでも自分のjazzをplayできたらいい。
でもおれのサキソフォンから出る音のなんとしょぼいことか。
一瞬だけでも楽譜から自由になってダンスが踊れたらいいのにね。
でもそのためにはやっぱり無茶苦茶な演奏ではだめなんだと思うんだよ。
だから、練習したり理論を学んだりするんだけど、自分の中から出てくるのは、やっぱり自分に縫い付けられた音だな、残念ながら、まだまだ。
 
まだまだまだまだ。
 
人生は一回こっきりだからね、そして始めるのに遅すぎることなんてきっとないのだと思う。
多分この文章は自分に必死で言い聞かせる目的で書かれてるんだろうね。
何回も書くけど、自分は、50を過ぎてから再び、やっとの思いで、「音楽」に邂逅できた気がするんだ。
自然にしてたら全てはこの指の隙間からこぼれ落ちていってしまうんだよ。
ぼやぼやしてたらいつの間にか棺桶の中で寝てたっと事にもなりかねない。
だから、せこいとかいわれても、意識的に「音」に向かい合う方法論しか持ち合わせてないんだ。
そして、今度こそは、長く付き合っていこうと思うんだよ。
 
竹原ピストルさんが、旅しながら全国の色んな場所で歌い続ける姿はあまりにもかっこよすぎたから、
玉置浩二さんのギターと声はあまりにもsexyだったから、
Kaori嬢のウクレレの弦を弾く指から溢れ出すなんていうのかなpassionのようなもの、
そんなこんなが、おれに力をくれもし、容赦なく打ちのめしてゆく。
戦争の足音がする国で、ピストルの代わりに、自分はやっぱり楽器を携えて、踊っていたいよ。
 
【追記】
まあ、それから進歩があるのかと言われると疑問ですけどね。
実は台に立てかけてたサックスが何故か自重でゴトンと落ちて、そんなに大した振動でもないはずなんですけど、吹いてみたら、なんか出るはずの音が出にくかったり、1オクターブ裏返ったりする。見た目に凹んでるとかはないんですけどね。
それで、現在マイ・サックスはドナドナで修理中で、バランス調整とか内部の油の補充とかそんな最中だそうです。なのでなんだか気が抜けた状態であるわけなんですけどね。

#385 Talk about…2017/07/21 VOL.6. DEATH&LIVE

 (牧野植物園、高知、2017/7/9)
 
死について考えようと思った。
 
やはりそこから抜け出せないのは、「死」についての納得がまだないということなんだろう。
納得なんかしなくっても全然心配ないよ、おれは笑ってそいつと付き合ってけるよ、という心情であると思っていた。
いや今でも70%くらいはそんなふうに思っている。
そして、生命の糸がプツンと切れて物質に戻ったら、その後は何もないのだという考えにも変わりはない。
だから墓もいらないし、戒名なんて必要ないって話も。
 
不死を望んでいるヒトはきっと人一倍死を考えているんだろうな。
不死をテーマにした文学もたくさんある。ヴァンパイヤだって狼男だって、それな不死への願望を持つ人間の嫉妬が生み出したものかもしれないではないか。
本屋に、萩尾望都先生の何十年ぶりかの「ポーの一族」が平積みされてた。
あれって、不死の話じゃなかったっけ?なんて思ったのだ。
平井和正の「ウルフガイ」こと犬神明さんは、作者亡き後、今頃どこで何をしてるんだろうね、とか、
そういえば自分の好きな「妖怪人間ベム」も人間界の裏側で今も人間たちの荒廃した精神の井戸を掘り続けてくれてるのかなあ、とか、
梶尾真治先生の「エマノン」はいまもくわえタバコで旅してるんだろうな、とか、
そんなことどももおれを形作ってくれたんだとしたら、やっぱりまことにかたじけないであります。
 
そして「死」は突然訪れるものではなく、身体機能やら、認知機能の衰えとともにじわじわ真綿で首を絞めるように訪れるから、それが一番怖いのかもしれない。
自分が自分でなくなってしまったさらに延長線上に「死」が「でええん」と待ち構えているというイメージは確かにちょっとやりきれない。
 
日野原先生は死ぬ直前まで「清明」で人一倍話されたという話を聞いて安心した。彼はきっと自分の死のイメージの中で絶命したのだと勝手に思う。
急に苦しみあっけなく死んだオヤジは死の前の週も普通にお遍路参りをしていたし、膵臓がんが発見されて自分の死を覚悟して3Mの闘病の上死んだおふくろは麻薬で意識が朦朧とするまではまさに闘い続けていただろうし、その2つの身近な死のどちらがどうだなんて論評することなんて出来はしない。
そしておれの延長線上にも確実におれの死はある。
 
それがどう転んだのか、
 
ずいぶん以前にリアル書籍の方で手に入れていた細野晴臣さんの「とまっていた時計がまたうごきはじめた」という対談形式の本を毎日1章ずつ読み進めることにしたのでした。
 
対話1
「この世で起きていることのすべてが想定外。想定外がないとなにも生まれてこない」
 
細野さんも65歳になって年金をもらう歳になった。時間の経過について問われて言う。
「うん、あっという間だった。早いよね。
でも、いまは誰にとっても時の経つのが早く感じる時代なんだろうね」
 
きっと日本の音楽の黎明期からフロントラインで生きて、いまも音楽に携わってるそんなヒトの、口から出るリアル・ワードが聞きたいんだろうね。
 
昨日も、昼間ラーメン喰って、カホンのパターン教わって、facebookの知り合いの彼女と島村楽器で出会って(彼女はギターを習われてますよ。)軽口叩いてる時に、突発的に思ったんだ。
やっぱりヒトしかないのじゃないのかな。
その人間を示すのは、こんなblogでもなく、そのヒトの地位でもなく、そのヒトを取り囲んでる人間ってやつが(仕事もプライベートも含めて)その人を表すんじゃないんだろうか。
・・ってね。
 
まあ相変わらず脈絡ない話ってことで。
 

#384 Talk about….2017/5/01 VOL.5. KOTOBA

 (牧野植物園、高知、2017/7/9)
「読む」と「書く」は、本当の意味で何かを認識しようとするひとつの試みの、二つの側面にほかならない。
真に認識することをここでは「分かる」と表現する。
人生の意味を「分かろう」とするとき、「読む」と「書く」は、呼吸のように分かちがたく結びつく。
現代の心は、幼いころから「読む」ことによってため込んだ情報でいっぱいになっている。
私たちはそれを、ひとたび「書く」という営みを通じて世に放つ必要がある。
人は思っていることを「書く」のではない。それはメモにすぎない。
むしろ「書く」ことによって、自分が何を考えているのかを知るのである。
愛媛新聞 2017/05/01) 「思索の営み」・若松英輔

 

これは「思索」に関する随想である。
 
なかなか深い洞察だなあと思ったので引用して抜き書きしてみた。
 
例えば、ものごとにはinがあればoutがあり、日本語には表裏一体などという便利な言葉もあり、
自分でいえば、ONで仕事をしてOFFで酔っ払ってはしゃぎすぎていたりする。
やがてアレもこれもが混沌の中に飲み込まれ、どっちがどっちだったのか既にわからなくなる。
そんでねえ、そんでねえ、
実は一方通行などはないのだということをくれぐれも忘れぬようにね、という、まるで人生みたいな考察だったりする。
 
でもね、相互補完できとらんことが多すぎるんよね。
 
実は一方通行でのどん詰まりにいてdead endになってることもたくさんあるのに、気づけないでいる。
あるいは気づいてもどうしようもなくって、対岸の火事を眺めながらこっちに飛び火しないように祈るくらいだよなあ、とか言ってるのが我々のような気もするのだった。
そして対岸の火事だと思ったことは、おれのケツに差し込まれた爆竹だったりするのだ。
火をつければ待ったなどはない瞬殺だよ。
 
ダース・ベイダー卿がなぜダークサイドに落ちたのかに関して、昔考えたことがあるけど、もうそんな時点ではないのかもしれないよね。
もしかしたら。
そしてわれわれの紡ぐ人生のサーガはあっけなさすぎるから。
それでもやりかえやら差し替えのできないかけがえのないサーガだけどね。
 
そんなしょうもない人生だとわかっていても、
やっぱり地道に足元を照らしながら一歩ずつ、我々は救いを求めて愚直に生きていくのか?
そうせねばならんのか?
 
問うても答えはない。
無明の闇を、じっと見つめて見つめて見つめ倒して、浮かび上がってくるvisionを待つしかないのか。
 
見えたかと思えたものが、
またひっくり返って、闇の彼方に消えてしまった、
正直今はそんな気分だ。
 
自分を形作っているものの正体は、
自分が酔っ払って声高に叫ぶものではなくって、
日常の自分の「行為」とか「営為」とか「仕事」とか、そういった枠組みでしか表出できないのかもしれない、
そう信じているから、
日々の営みを、今日も、今宵も、粛々と続ける。
ちくしょお、ちくしょお、
なんに対して憤っている、なんに対して泣いている。
 

 

生きる哲学 (文春新書)

生きる哲学 (文春新書)

 

 

#383 Talk about….2017/07/07 VOL.4.今宵のreason to live.

 

随分酔っ払ったな。
いろんなことをくっちゃべったな。いろんな耳にしたくないこともたくさん聞いたな。
それが人生だなんて一括りにはできないけど、その人の人生は結局その人が長い時間かけて作り上げてきたものなんだな。
だから簡単には方向修正できないのかもしれないけど、舵を操れるのは、どっかから現れた天使でもなんでもなくって、その人でしかないんだよ。
だから、きみの耳に入れたくないコトバをおれは喋るかもしれないけど、でもきっとそのコトバはもうきみの耳に届くことはないんだろうな。
悲しい話なのかな。これって。しょぼい話なのかな。これって。
 
仕事っていうやつが占める割合はかなりでかい。仕事がある種人生と言っても過言ではない。仕事のため、仕事のため。では長い月日をかけて、作り上げてきた仕事って、そんなに些細な事で放棄していいのかな。いつまでも現役でいられるわけはない。いつまでも人の役に立てるなんておこがましすぎる。自分がこの世に生まれてきたことに意味はあるのか。なんのために生きて、なんのために死んでゆく。唯生きて、笑って泣いて、糞ひって、死んでくだけの人生という話もある。それも上等だ。ことさらえらそうにするものでもない。でもことさら卑屈になる必要もないよ。
好きで生きていたい。だったら、自分の人生から逃げ出す選択をしてはいけない。船は燃えていて、今にも沈みそうでも、そこから海に飛び込んではいけないんだと思うんだよ。
 
音楽が流れていた。
彼女のplya loudピアノの下で、ミニチュアダックスくんは安心しきった顔で寝ていた。
テナーサックスが「But not for me」を奏でていた。
だけど、それはみんなわたしのためのものではない。誰かのためのものなの。私のためには音楽は奏でられない。そう謳っていた。
 
音楽は体の細胞に染み込んで、血管にはアルコールの列車がものすごい速度で駆け巡っていた。
おれのオンボロの脳みそは興奮して、よだれを垂らしたパブロフの犬だ。
もうとまらない。とめられない。
 
でですね、でですね、そんでもっていいことを思いついたんですよね。
おいらのviolinとKさんのウクレレと、池ちゃんのvocalで加山雄三の「君といつまでも」をやったらどうかなあって。
その場で本人に早速交渉してOKもらったので、これでまたその演奏が生きる理由になったわけですよ。
そうやって毎日毎日なんとか生きる理由を探しとります。

#382 Talk about….2017/07/6 VOL.3.納涼会挨拶

 
本日はお忙しい中参集いただきありがとうございました。
 
(略)私事ではありますが、2017/4/23、うちのオヤジが86歳でなくなりました。
年齢から言うと申し分ないのかもしれませんが、未だ週3日は現役医師として働いておりましたし、亡くなる前の週も一人で四国お遍路に出かけてたぐらいですから、ちょっとびっくりでした。
「仕事はハードよ」と愚痴る自分に、「優雅にやれよ、伸介」(とか辛い時にも「命取られるわけじゃないんだから」とか言われたなあ・・)とことあるごとに言われましたが、まあそんな言葉を残して、ちょっと出かけてくるよみたいな感じで旅に出た感じです。
故人の遺志で、無宗教で、葬儀と埋葬は簡単な非常にシンプルで、自分たちと弟の一家のみでとりおこないました。
その際も、急なことにもかかわらず、スタッフの皆さんのご配慮とバイトの先生の手助けで、無事岡山に帰ってくることもできました。
またスタッフの皆さんからは過分な香典まで頂き深謝です。
この場で再び御礼申し上げます。
自分の母親は、此処を開業した18年前に膵臓がんでなくなり、外来の電話でオヤジの口から訃報を受けたのがつい昨日のことのようです。その時は開業したてで岡山に帰ることもできず、しばらくして「お別れの会」の時にやっと帰ることができました。
二人は無宗教で、自分たちだけの墓を生前に建てており、その墓の、おふくろの隣にオヤジの骨壷を収めてきました。
しかし、両方の親がこの世からいなくなるという喪失感は、なかなか心から今でも離れません。
それでも生きてゆかなければならないのですが、
こうやって生まれてきて、いろんなご縁があって、こうやってこの場所に立っているのも、なにか意味があることなんだろうなと、自分に言い聞かせながら、シコシコと生きていく所存です。
でも、人間の命が有限であるという実感は、最近で言えば、S産婦人科のS先生が51歳でなくなったときから、今も自分の中で連綿と続いており、有限ゆえの、なんていうんですかね、まあがんばらんといかんのよっていうことでしょうか。
自分の人生ももう56年で、現役としてこうやってたっていられるのも、たぶん長いようで短い時間なんだと思いますから。だから、自分としてはかなり飛ばしてる感じなんですよね。(焦燥感と充実感が半端なくあって、まるで二極性人格障害みたいな感じだなあと思ったりもしております。いつ壊れても不思議ない感じです。)
いささか固くなりましたけど、今日はこういうことを皆さんの前で喋っておきたかったので、久々にきちんと喋りました。
まあそんなこんなで、みなさんとこうやってこの場にいるのも一期一会ってこともあり、今年も半分終わったということで、大いに食べて飲んで、歓談いただければと思います。
 
(2017/07/01の病院の納涼会。62人集まってくれた。もつ鍋・博多屋本店。土曜の街は夜市で賑わっていた。モツ鍋から始まって、夜中になぜか自分はまたホルモン焼肉・吉で、マッコリを大量に飲んでいた。そんな夜の皮切りの挨拶。)

#381 Talk about…2017/07/05 VOL.2.夜更かしってやつ


midnight


夜更かしすることは今は殆ど無い。
唯一あるとすれば、患者さんの様態が悪いときとか、お酒を飲んで時間の感覚を失ったときだろう。
でも、遅くまで飲んだとしても、朝の白茶けた風景とか、ゴミ箱の上に君臨するカラスとかを見るまでに至ることはもうない。
まあ酒飲みの朝帰りには後ろめたさがつきものってことで、みんな多くを語りたがらない。
1年に1回位、夜中すぎの大街道で、でかいアーケードの柱に持たれて地べたに座り込んで、ヘラヘラすることがあるくらいだ。
もちろん誰も声をかけてもくれずに通り過ぎてくだけだ。
 
で、今は、夜遅くになると、コンセント抜かれたみたいに力が抜ける。
自分の場合たぶん22時とかそのあたりかな。かつて睡眠薬を飲んでた頃のことがまるで嘘みたいだ。(たぶんあの頃抱いてた焦燥感と、今抱いてる焦燥感の質が変わってきたのだと思う。今のはもうあとはないよの焦燥感なのか?)
それでも何かをしなければならない時があって、そんなときには「立ち向かって」いるそれなりにパワーが湧いてきて、そしていつの間にかハイになってくる。
 
そうやって先日もadlibをなんとか作り上げた。
 
でも夜の明かりの中で作られたものは、必ず、陽の光の下で何度も検証した方がいい。夜の暗闇は、意味のない自信を与えてくれることもあるが、それが、ちゃんとお天道様の下でも通用するかどうか、検証して何度も何度もブラッシュアップして、それでなんぼのものなのだと思う。
でも夜が与えてくれる開放感と万能感はやっぱり特別だなあ。抗いがたいマジックが夜の底にはある。
 
村上龍の小説に「限りなく透明に近いブルー」というのがあある。このタイトルは実は朝の空の色のことではない。そして、彼の考えていた原題は「クリトリスにバターを」だったとか。
でも、以下の引用をまたじっくり眺めて、自分は、見る人にもならないし、ガラスの破片にもならないだろうと思った。
空が明るくなる前の一瞬のあの色を写し込んだ魔法のガラス、それはやはり、夜の跳梁者の残していった刻印でしかないのだと思う。
それは朝になったら晒し者にされるかもしれないギリギリ手前の夜の魔法なんだ。
 
血を縁に残したガラスの破片は夜明けの空気に染まりながら透明に近い。
限りなく透明に近いブルーだ。僕は立ち上がり、自分のアパートに向かって歩きながら、このガラスみたいになりたいと思った。そして自分でこのなだらかな白い起伏を映してみたいと思った。僕自身に映った優しい起伏を他の人々にも見せたいと思った。
空の端が明るく濁り、ガラスの破片はすぐに曇ってしまった。鳥の声が聞こえるともうガラスには何も映っていない。 (ブルーより)

 

なんか無意識下から龍さんが出てきたので、昔のblogの引用から(2009/5/7)
 
新装版『限りなく透明に近いブルー』が出たのを機会に、おそらく十数年ぶりにこの小説を読む。言わずと知れた村上龍のデビュー作兼芥川賞受賞作である。1978年のリリースということで、この年自分は高校3年生だった。冒頭でも述べたようにSF少年だった自分にはこの小説は縁がなかったし、田舎のノンポリ高校生だった自分には、なんせ内容にある、ドラッグ・米軍基地・乱交パーティ・日比谷野音・ロック(ドアーズ、ストーンズ、ジャニス、ジミヘンなど)・地下鉄とかの全てが、自分にはイメージできかねるものだったし。同級生の三村君が淡い水彩画で書かれたような表紙のハードカバー本を貸してくれ、まさにリリースされたその年に読んだのだけど、彼はどうしてあの本を僕に貸してくれたんだろうか。
 
そんなスタートからもう何十年も経過したが、村上龍氏は今では自分の世界になくてはならない人物になっている。今現在の龍氏はこの小説をどう評するんだろうか?そして、amazonに皆さんが少々批判的に書いているとおり、村上龍氏のビジネス雑誌連載をまとめたエッセイ『無趣味のすすめ』が9万部を突破したと朝日新聞の広告に載っている。コアな読者でもそう購入しないようなこの手の本を購入している層を是非見てみたいものだと思った。龍氏のエッセイは一見それっぽくって確信犯的だけど、次の瞬間にあれは全部ウソでしたといわれてもしょうがないようなものだと割り切ったほうがいい。
心に残る村上春樹氏との対談にこんな一節がある。戦場で前線に二人はいる。春樹氏が弾に撃たれるかなんかしてしまう。龍氏は1時間ぐらい看病したあとが「春樹さんおれ助け呼んでくるからそこで待っててよ」そういって後退したまま龍氏は帰ってこない。ああ俺はここで死んじゃうんだよなあ、まあいいか、龍だから、と、春樹氏はつぶやく。村上龍はそれでも許せるような人間である、と。これは実にいいエピソードである。このニュアンスが判るヒトには村上龍のエッセイはわかるような気がするのだが・・・。

 

#380 Talk about….2017/07/04 VOL.1.

http://i2.cdn.cnn.com/cnnnext/dam/assets/160712170804-baton-rouge-peaceful-protest-restricted-super-169.jpeg

 
今日から、とりとめもなく何かをしばらくのあいだ綴ってゆこうと思う。
そう思ったのは、国境を超えて活躍する「脇園彩」さんの記事を朝日新聞のGLOBEで読んだせいかもしれない。
 
彼女は、日本で育ち、東京芸大(2度めで補欠合格なんだそうな。それでも十分すごいけどね。)から、文科省の派遣制度でイタリアに渡り、いろいろあって、今ではイタリア・オペラ界の一線にいるという。
「イタリアでの生活は、何から何まで不便。電車が時間通りに来ることも少ないし。でも、だからこそ、イタリア人は発想の転換がとてもうまい。ものすごくポジティブに『今』を生きている」
 
朝から、できっこしない仕事の山の前に、次から次へとやってこられる外来患者さんと話をし、その中でできうる最良の判断をして処方をする。これは今の自分の境遇の話だ。イタリア・オペラ界の話ではなく。念のため。その時間軸の中で並行して、隣の透析室でまた別のことが起こっている。もうだめかもしれんと何度も思う。でもそこでフリーズしても誰にもメリットなどないし、神様が「いいよいいよ」なんて言ってくれることもない。そんなことはわかりきってる。だから、自分に言い聞かせてまた始める。それこそ瞬時の間に気分を切り替えてね。そんなことの繰り返しで磨り減ってゆく。磨り減ってくのは誰しも同じか。
自営業者の中には残念ながらかハッピーながら『残業』なんてコトバはない。だって、全部が自分の仕事なんだから、自分が線を引くまで止まることはない。それを残念と取るかハッピーと取るかは、自分次第ってことだ。
 
彼女のモットーも、瞬時に決断し、悔やまぬことだそうだ。
 
「いろんな人の汗、思い、人生の上に、わたしの歌がある。そうした責任を重荷にせず、翼にしたい」
 
それしかないのだと思う。
 
しかし瞬時に決断し、悔やまないことの前提には、経験と知識と頭脳がやはり必要なのだ。間違ってたら『くよくよ』が返ってくるだけだもんなあ。
だから自分のことは鋭い刃のように磨き続けなければならないし、いつも自分が一線にいられるための環境も作らなければならないのだと思う。
 
自分は、下手なりに、幾つもの楽器を弾いている。
アルトサックスに、ヴァイオリンに、ピアノに、ドラム。家で爪弾いてるギター。酔っ払ったら絵も描いてる。主には美女の似顔絵だ。まあ5分以内で出来上がるまさにインスタントhappinessそのものだと自画自賛している。いろんなことを器用にできますよね、と、よく言われる。それなりの料理も作る。自分でも忙しい人間だと思ってはいる。だけどその断面のすべてが自分なのだと思う。
 
だから、ちょっと悔やみすぎている自分に言いたいのかもしれないな。
 
どうせなんのかんの悔やんでも、今までだって、そして今だって瞬時に選んでるじゃないか?これが最上の選択じゃないかもしれない、だって?いいか、今までだってそうやって右か左か選んできて、それであとから落ち込んだ夜があったか?落ち込んだ夜でさえ、酒で最上の夜に変えたことだって何度もあったろ?だったら妙に悩むな。行けよ!Straight go ahead!
 
瞬時に選択して、後悔しない。
だがしかし、その選択のための努力は惜しむな。
 
まあ今日の結論めいたものが出たのかな。いえい。