だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#463 安野光雅先生の「絵の教室」を読む。

 

カラー版 絵の教室 (中公新書)

カラー版 絵の教室 (中公新書)

 

 

続きです。

 

で、安野光雅先生の「絵の教室」からは学ぶべきところは、非常に多かったのですけど、最後に先生が言われているように、何をするにしても、イマジネーションー「想像する」ことが一番大事だということは、本当に納得できます。

 

自分が普段は普通に生きていて、何か熱狂とかパッションに駆られている時に、急に背後から何者か別の大きなものが出てくるような感じを抱く時があります。

でもその何者かは普段はどこにいるのかわからないような気もします。それを安野先生と対談されたアメリカの数学者のクヌース先生は、

「背後にいるといっているのはミューズだよ」と安野先生に言ったそうです。

確かにそういう言い方ですると、背後にいるのが神だと言っても嘘ではないような気もしますね。

 

ゴッホの章では、アンデルセン童話の「赤い靴」を引用して、

「その赤い靴を履いて、お前は絵を描くのだ、お前が青ざめて冷たくなるまで、目の前のものはなんでも、手当たり次第に描くのだ、そして高慢な、みえぼうの子供達がお前の来たのをこわがるように!さあ描け!休まずに」

という呪文をかけられたというくだりは、恐ろしくも甘美な罠のようであり、ゴッホのことを詳しくも知りもしないのに、あのタッチの奥底にあるものを的確に掴んでいるような気さえして続々したのでした。

 

モリ(熊谷守一)の映画を観たときも思いましたけど、なにかを感じたら、形にせざる負えないような人生だってあるんですよね。

樹木希林さんがお亡くなりになって非常に残念ですけど・・)

 

そして、そのパッションさえあれば、

これも下手な自分に対する言い訳かもしれませんけど、ミスタッチやらミス線があっても、最後に塊として出てくるときに自分のものになってたら、それはそれで下手くそでも正解なんだと思います。だから子供の絵が目を見張るようなことだって多々あるしね。

 

結局はそれにどのぐらい没頭できるかっていうことなんでしょうね。

そのためには自分を肯定することが大事だと思います。

あはは、なんだか言い訳みたいに聞こえたら、まだまだおれがぬるいってきっとそういうことなんでしょうね。

 

奥田元宋美術館で買い求めた、マルマンF4スケッチブックに描いた。

#462 「安野光雅展-花と歌、文学の絵本から-」(at奥田元宋・小由女美術館 2018/09/9)

 

今日は敬老の日ですね。

ところでこんな時代で、敬老って一体何歳からなんだろうね?

 

先日広島の三次市の「奥田元宋・小由女美術館」に行きました。

お二人とも三次市出身の方で、一人は高名な日本画家(故人)で、もう一人は人形の造形作家で、お二人は夫婦であったとのことで、とても素晴らしい美術館がとんでもない田舎に急に出現するわけで、近くにはワイナリーとかもあったりするという、世の中本当に地方の時代なのかもしれませんね。

 

そこで絵本作家の安野光雅さんの展覧会をしていました。

安野光雅展-花と歌、文学の絵本から-」

安野さんの絵は水彩タッチで、かつ非常にロジカルな感じだと思っていましたけど、他にも知性と教養に満ち溢れた絵がたくさん展示してあって楽しめました。

 

売り場で、安野さんが絵について語った「絵の教室」(中公新書)という本と、大判のスケッチブックを買いました。

自分が、朝ホテルでiPadに描いた絵も、店員の方に見てもらいましたよ。なんだか嬉しくなっちゃってね。

もう一度巡回したあとに立ち寄ったミュージアム・ショップでは、実は自分が以前東急ハンズで買って使わないで持っていた「あかしや水彩毛筆ペン」が置いてあったので、それで遊んでみて、それ用のパレットを買って、これ使って何かやってやろうというような高揚した気分にもなったりしました。

なので、雨で急に決めた訪問ではありましたが、とても良い展覧会で美術館でした。

ミュージアムショップで落書き

 

実は前夜は、尾道から少し外れた海辺の高級ホテルに泊まって、美味しいご飯とワインをいただいたのでした。

泊まったその部屋に、Diorをまとったスターたちの写真集(洋版)が置いてあったので、食事とお酒の後に、一心不乱で 、iPad に彼女たちをモチーフにお絵描きを始めたのでした。

酔ってるせいもあってか、Zenbrushという筆のアプリを使って描いていると、だんだん恍惚状態になってきて、次はこれ次はあれだという風になってきて、5枚は描いたでしょうか。

 

それなのに、実は保存してから delete しなければいけないのに、上書き上書きで描いていたために、翌朝起きてみると手元に残っていたのは最後に残った1枚だったという。

とてもとても悲しい結末だったわけです。

 

それでも高揚感はまだ体の芯に残っていたのでしょうね。

朝食を食べてから昼のチェックアウトまでに、また iPad に向かって昨日と同じモチーフでまた違う絵を描き始めたのですから。

 

で、思ったのは、絵も演奏もパッションだよね、ってこと。

その場で悩んでいても前に進む瞬発力がそがれるだけだ。

だからパッションを出し切るために、日常の努力とか練習とかデッサンとかがある、そう思えば努力は努力ですでになくなっている。

 

そうでしょ?

#461 語りおろしで、音楽とかそのへんのいろんなことどもについて

その美人シンガーの方がお誕生日だったので、嬉しくなって、翌朝描いて、彼女に送りましたよ♪
 
昨日夜遅く(もう一昨日のことか・・)「ハノイカフェ」で白木さんとスタッフのあんちゃんと話した。
「先生はいろんなことやってますよねえ」と言われて、
実はやりたいことっていうのは、よくよく考えてみると子供の時にやりたいことばっかりなんだよね、という話になる。
 
そこで坂本龍一さんの話を出す。
 
人生でやりたいこと(というか人間の根幹ってやつ)って実は20歳までほとんど決まってしまう・・というそういう話だ。
ほんとそう思うでしょ?
 
だから、いろいろ手繰り寄せてみると、
実は子供の頃とか思春期のときにやっとけばよかったというアレヤコレヤを再現してるというか、
追求してるってことになるわけである。
 
いつ死ぬか分からないから、
やりたいと思った事はなるべく早く、へたくそでも手をつけたほうがいいのだ、という話をする。
 
ピアノはホントは老後にゆっくりやる予定だったんだけど、人生は有限だと言うことである日、急に気づいて、
それで55歳から始めたわけだし、今も結局は基礎練習を続けているだけの感じではありますけどね。
 
音楽に関しては、かぐや姫とかアリスとかそういうところから入ったけど、今はなぜかジャズにトライしている。
なんでジャズかと言うと、ジャズは楽譜通りに吹かなくっても許されるという、
何と言うのかな懐の深い音楽だからなのかな。
正解というのがないから何かごまかしながらもやっていけるんだと思う。
(まあ浅はかな素人考えではありますけどね)
 
みんな子供の頃は、
漫画家になりたいと思って、
自分は永井豪先生とか松本零士先生の絵とかを真似して描いていたりしたけど、今でもその気持ちは全然変わらない。
だから絵を描くのはやっぱり楽しい。
へたくそでも なんでも、すきあれば「絵を描かせてもらっていいですか」って(女の方にですけど)お願いしている。
なはは。
 
昨日は久々にトランペットの相棒がいなくて、
1人で「you’d be so nice to come home to」をやった。
1人でやると1人だけで全部しきれるので、良い面もあるけど、
やっぱり隣にいるべき相棒がいないと寂しい。
彼ともこのライブハウスで知り合って、じゃあ飲もうかで、飲んで、じゃあやろうかで、
男二人のユニット「夜明け前」が始まった。
 
後半のセッションでは、
美人シンガーに楽譜をもらって、誘っていただいて、急遽飛び入りでフライ・ミー・トゥー・ザ・ムーンのセッションに参加した。
コードは何とかiReal pro(iPhoneのアプリ)で探して変換して、
由美子さんに最初の音をpianoで教えてもらって
(というのは、シンガーの楽譜のDmがサックスではBmになるんですよね、
サックスは移調楽器なんで、ボーカルの人とおんなじ音吹いてもおんない音にならないという非常にややこしい楽器で、
やり始めてしばらくしてその事実に気づいて途方に暮れまたわけです。)
それでやったんだけど、なんと歌のバックでそれなりにvocalを邪魔しない感じでいい感じの音が吹けたんですよね。
自画自賛かもしれないけど、ね。
1番の歌が終わって、振られて、自分なりにソロアドリブまでやりましたよ。
それもなんとか一応形になったんですよね(途中で止まったけど)。
 
なんだかこーゆー緊張感のある場所しか、
人生の中でも、人間ってやつは育たないんだろうなあってほんと思いましたよ。
 
だから、やるんですよね、
どんなゲームでも始めなきゃプレイヤーにはなれないからねえ。
負けても勝っても、死ぬわけじゃあない。
 
SIONが昔歌ってたよね、
「気にすることはないさ 殺されるわけじゃない 多分いつかのツケが回っただけさ」って。
 
そしてこんな場所にいることを許してくれる音楽の仲間とプロの先生たちに本当に感謝しながら、
またお酒を飲んでしまいました。
 
3日連続だとほんとにすぐ酔っちゃうよね。
Y'sでは強めのハイボールを2杯。
 
一人でフラフラいった「ハノイカフェ」はベトナム料理の店なのに、
生タイガービールの後は、黒霧島を飲み始めて、
冒頭のごとく喋り始めたら帰れなくなっちゃって、
結局3杯飲んでしまいましたよ。
 
だはは。
 
iPhoneの音声入力で喋って、それからいじりました。

#460 井上堯之さんの歌が教えてくれたこと

ウォーター・マインド(2017 Remaster)

井上堯之さんのCDをアップルミュージックで聴いている。
 
「Water Mind」、これは高校生の時、中古レコード屋でゲットした堯之さんのファーストLPだ。
それが堯之さん亡き後もこうやって聴けるというのは素晴らしい。
多分CDとしての発売は難しいと思うもんなあ。
そして、これを聴いていると、あのときから自分は何も変わっていないんだ、進歩していないんだと言うことがよくわかる。
 
実は後日譚があって、堯之さんが何年か前に松山にliveに来たときに、この中古のLPを持っていってサインをしてもらったんだよ。
うれしかったなぁ。
 
「ちんちん電車」と言う名曲があり、初めてのデートでキスするまでに至った心の高ぶりを描いた(多分中学生くらいの男の子の歌)曲だけど、そのラストバースでは彼は年老いて、残り時間少ないおのれの人生を見つめていたいするわけで、もう彼女がどこでなにをしているかさえ知らない(まあそれが普通といえば普通ですけどね)。
この「諦念」とか「寂寥感」とか「無常観」みたいなものが、いつも堯之さんの歌にはあったんだ。
1stソロLPにしてね。
「厭世歌」って歌も入ってる。今日も誰かの葬式が出るよ、とか、歌ってるしねえ。生まれいづるものあれば必ず死に至るものもあるという、無常を、教科書ではなく、自分は井上堯之さんの歌で教わったんだ。
だから惹かれたんだと今にしてやっとわかった。
厭世歌

厭世歌

  • provided courtesy of iTunes

 

#459 初盆

 
灰になってホカホカの遺体は、結構な量の骨をまとっていた。
彼は大柄な男だったかだらけではなく、きっと骨密度は十分にあったのだろうな。
高熱で炭化したその骨を、係の人と親族とで、割って骨壷に入れてゆく。
ここはどこの骨だとか解説しながら、彼はなめらかに仕事を進めてゆく。
入り切らないものは処分するのだそうな。
骨壷に入ったその骨たちも、墓の下の暗闇で少しずつ溶けてゆくのだろう。
おれのおやじだった男の86年の帰結が目の前にある。
だからおれはスマホを出して、彼の全身を写真に収めた。
この場所は撮影禁止だったらしい。
自分は知らずに撮ってたわけだけど、
なぜ自分の親の骨の写真を撮ってはけないというんだろ?
それってstrangeじゃないか。まったくstrangeだ。
山の中腹の葬儀場の前の道を、何台もの産廃トラックが通り過ぎてゆく。
なかなかな速度だな。
その奥で、死ぬ速度が過ぎていくというアイロニー
ここは天国じゃないんだかといって地獄でもない、
そう甲本ヒロト氏はかつて歌ってた。
 
親父が死んでから、1年以上の月日が過ぎた。
義父が死んでから、4ヶ月だ。
 
ーーーーーーーーー
 
塚本晋也監督の「ヴィタール」(2004)という映画を観た。
事故で記憶を失った医大生が、解剖の実習で細かく解剖を進めていたのは、実は自分の車に同乗していて死んでしまった恋人だったという、
そういう話だ。
彼はやめていた医学の道を、なんとなく取り組み始め、そして医学部に入学し、解剖実習でたまたま彼女の遺体に当たるのだ。
それを彼は必然とまで言う。
 
実習は、複数の人間で一人の「遺体」を数ヶ月かけて解剖させていただく。
実際の自分のときもそうだった。確か6人で人グループじゃなかったかな。
でも、塚本監督の話だから、愛がどうのこうのとかいうお涙なんかじゃ全然ない、
「ほんとに生きててる」ってことはどういうことだという、その問いかけと呻吟のドラマだったのだ。
そして、
彼は、
結局、
死んではいるものの「他者」である「解剖台の上の彼女」に救われるのだ。
 
その問は、いつも自分にも向けられているものだった。
オレは、ほんとに生きてるんだろうか?
その問はもう何百回繰り返されたことだろう。
なにかを思い出したような気になる一瞬があっても、その次の瞬間には消えている、
その感覚を、主人公の浅野忠信のセリフが思い起こさせてくれた。
 
だからホントはここにいるのはオレではなくって、
人類の記憶をインプットされて移住した火星で、
最後のロボットの見る夢であってもたしかになんの違和感もないだろう。
 
そして、現実がyesで、あっちの世界がnoだなんて、それも誰もわからない。
でも逆だってどうだかわかんないよ。
 
そういえば、お盆とやらは死者の季節でもあり、
この季節になると、死者がわんさか帰ってきて、このあたりもいっぱいになっているという。
 
オレの肩口からも、こうやってPCの画面覗いてる輩がいたりすると面白いかもね。
 
まあ生きている人はいろんな理屈でこの世を作ってきたんだからねえ。
 
でも現世であくせくしてる自分にとっては、
山の馬頭観音の顔を見て頭を垂れるときくらいが、死者を思う時間で、それでいいんじゃないのかな。
そう思うよ、やっぱり。
 
そして、生きる死者にならないことくらいかな、自分に思いつくのは。
 

#458 violin弾いたり、放心したり、「東京喰種」読んだり。ああ、日々の中心は仕事ですけどね^^;

 
セキュリティーだのなんだのって電子カルテではめんどくさいよね。
でも情報が漏れたら俺の首なんていっぱつでパーなんだけどね。
その前にこの日本が大丈夫なのかって言う疑問はは誰しも抱きながらも、振りかえる暇もなく、日々馬車馬のように働いている。
そのブラックな社会の中で、働き方改革なんて、なんていうのかなあ一見するといいようなことを言うけど、
誰が得をしたんだ誰が損するのか?まあそういう問題じゃないんだけどね。
こないだやってきた社労士の事務所の女の子が、私がこの法案を説明すると皆さん私に怒るんですけどねって。
ちょっと悲しそうな顔で。
その通り、彼女に怒ったからってしょうがないよね。
でもその怒りたくなる気持ちはよくわかるよ。自分も話聞いててほんとになんていうのかな、絶望感にさいなまれたりもしましたからね。
私立医大の入試では女性の点数を一律10点下げてたなんてナンセンスもあるけど、
どこか入り口で、どこが出口なのか、
どうやって脱出するのか、まあ、今ん所は渦中にいるわけで、渦中にいるから逆に見えないんだっていうのもなんのいいわけでもなく、今日も働きづめだったよ。
 
 7月29日の花火大会は、逆送する台風のせいでなくなって、
それでも先輩の先生のお宅でパーティーがあり、自分はバイオリンの演奏をさせていただきましたよ。
奥様のbirthdayでもあり、まさにイエイな感じでした。
bluetoothスピーカーでBGMを流しながらplayさせてもらいました。
今回はなんと8曲をやったよ。
まぁかぶりつきでキャーキャー言ってくれる女子がいて、それはそれはいい気持ちでプレイさせていただき感謝でありました。
自分の前半期の集大成みたいな感じで、今まで関わってきた曲を一部勝手にアレンジしてプレイしたりして、
そのあとは何か放心状態でしたけど、それでも、時が立つと人間はずっと腑抜けではいられないもので、
やっぱりなんかしたいよ、っていう感情が湧いてくるわけなんですよ。
不思議なものです。
 
Danny boy
Denis Murphy’s Polka~Jhon Ryan’s polka
someday my prince will come
fly me to the moon
月の砂漠(reggae)
Happy birthday
 
こんなときは気分はやっぱり「肉」でありますね。作りましたよん。
 

 
ああそれとなにかストンと来て、
たまたま娘が持っていた「東京喰種」を借りてむしゃぶりつくように読んでおりましたよ。
あの漫画の主人公の蒼さが心地よかったですね。

 

東京喰種トーキョーグール リマスター版 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

#457 ああ、なんだか旅に出てえなあ

昨日の夜、酔っ払ってしゃがみこんだ大街道で。このあとサックスのケースを枕に寝てたら、知り合いに発掘されました^^;
 
 
昨日片付けれなかった仕事を、
昼から病院に出てきてちょっとずつ片付けている。
明日でいいやとなると、また色んな仕事はあっという間に蓄積してゆくのだ。
それから家に帰ってバイオリンの練習をする予定です。
やはり、この台風で重信川の水かさはだいぶ上がっている。
残念ながら伊予市の花火大会は中止になったけど、
先輩の先生のお宅でパーティーがあって、そこでバイオリンを弾くことになっている。
 
こうして、ひとけのない診察室で仕事をしていると、
どこかに旅に出たいと思う。痛切に思う。
いや、逃げ出したいのか。
でもきっと誰も知らない土地では、1人で知らない酒場にも入っていく勇気ももてないだろう。
コンビニで酎ハイでも買って、ホテルの部屋で生産性のないビデオでも見るくらいが関の山かもしれない。
この街で、なじみの人を相手にへらへら笑ってる方がありがたいし楽しいのもわかる。
でもやっぱりそんな自分を全て放り出したくなるときだってある。
 
移動していくということが、
通り過ぎて二度と帰ってこないということが、何かを訴えるのだと思う。
ここにはもう二度と帰ってこないのだと思うが故に、神経は研ぎ澄まされて視界はよりクリアになる。
 
音楽だって、その音に耳を研ぎ澄ませて、瞬時に次の音を探るという行為は、あるいは旅なのだ。
adlibはそして多分手癖はあっても一回限りだ。
そして、目の前の女の子を見て、筆を走らせ、絵を描くことも。
 
そういった意味では、昨日音楽の相棒といろんな店で盛り上がったのだって旅だろうかなあ。
転勤族の彼と一生付き合えるわけではないということがわかっているので、二人の逢瀬はいつもハイテンションだ。
二人で、音楽のプレイ以外でも、せっせとセッションしてるんだと思うよ。
 
大体、こうやって50何年生きてきている人生だってそもそもが旅なんだとも思う。
だからこうやっておいらがしゃべる言葉だって立派な「詩」なのだと思うよ。
 
詩人の三角みづ紀さんの、旅の葛藤を綴った文章(聞き取り?)を読む。
すると旅と、ゴールは誰しも決まっている死に向かう人生とが重なるような、
なんだかそんな気持ちがふつふつとわき上がるのを感じる。
 
あー詩が書きたくなるねえ。
 
 
移動をつづける
町から町へ、町から島へ
そうやって徐々に
目的だけになって
する ことを
する ために
風景がしんで黒い額縁に飾る
ひどく疲れているのかもしれない
もうすぐサンタルチア駅だ
 
(「トレイン#2214」より)