だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#392 「戦場のメリークリスマス」(1983)

戦場のメリークリスマス Blu-ray

 
やっぱり戦争の映画を見てしまいますね。
 
大島渚さんの1983年の作品「戦場のメリークリスマス」を、
デビット・ボウイ逝去記念にNHK-BSでやってたのを録画してあって、やっと観ることがかないました。
公開当時に観たはずなんですけど、全く失念しておりました。
 
たけしが例の笑顔で「メリークリスマス、ミスター・ローレンス」って言うとこと、
坂本龍一演じるヨノイ大尉が david bowie演じるセリアズ少佐と抱き合う(ボウイの方から寄っていったのがホントですけど)ところしか覚えてないというお粗末さでした。
 
戦争は本当に狂気です。
狂気の中の狂気であるために、狂気がまともに見えてしまう。だからみんな判断基準が狂ってしまう。その狂気を箱の様な収容所の中だけで描き切った大島渚はやっぱり天才なんです。この映画、それに男しか出てこんもんな。すごすぎる、すごすぎる。そしてほんとに怖すぎる、すべての歪んだ風景がなぜか当たり前に見えてきて、いつか自分も銃剣持って英国人捕虜を監視してる一兵卒のような気分になってくる。1942年のジャワ島でね。
 
戦争が終わり、ハラ軍曹が処刑される前夜、ローレンスが収監所を訪ねて二人は昔話をする。
 
ハラは「死ぬ覚悟はできております」(I’m ready to die)っていう。
 
でもその言葉は、たぶん英国人であるローレンスの中に響いているものと、軍人であるハラの心の中のニュアンスとのの間に、戦争が終わったとはいえ、幾万光年の隔たりが永遠にあるんだろうと思う。
 
そう、端的にいうと、ヒトとヒトとは決して分かり合えないのかもしれない。
だからこれもいつも言うことだけど、分かり合えない前提で接していかんとだめなんだろうなあ、そうしていくしかないんだなあという諦念はいつも自分の中にある。
 
だけど、捕虜と帝国軍人と、ハラ軍曹(たけし)とローレンスと、ヨノイ(坂本龍一)とセリアズ(ボウイ)と、一瞬だけど心が通じ合うのは、やはりhuman beingとしての共通認識があるからなのかもしれないな。
 
だったら、捨てたもんでもないんじゃないの?
 
・・で現実世界を振り返るに、アメリカと北朝鮮、ドイツ、韓国、中国、フランス、インド・・わかりあえるなんてやっぱり幻想にすぎないんだと思う。
それでも追い求めるんだけどね。
 

帰ってきたヒトラー(字幕版)

 
同時期に観た「帰ってきたヒトラー」(2015・独)も、笑わせながら怖い映画だった。
ヒトラーが自決前の地下壕から現代のドイツにタイムスリップするんだけど、この世界では、彼はコメディアンとしてしか認知されず、しかしそのトークと風貌でどんどん人気ものになってゆく、そして・・という映画。
時代ややり方が変わっても、結局人間なんてそうそう進歩なんてできない。今でもどこかにヒトラーはいて、チョビ髭の手入れをしてるのかもしれないな。
 
ヒトラーは映画の中でもことあるごとにこういうんだ、「我が国民のために」って。
 
この国のAくんだって、病気から不死鳥のように蘇って、二回目の首相してるのは「我が国民のためだ」っていうんだろうしねえ。
 
だからおれはやっぱり、大義の中に生きていたくはないんだ。
そう思う点で、ただの小物なんだといつも気付かされて落ち込むんだけどね。
大義の匂いがするものなんていくらでもある。
宗教とか学校とか、組織とか、あげればキリはない。
自分だってその中にいるくせに、背中を向けたくなるんだよね。その時点で小物だってことか。そのくせいつも何かを欲しがっている。
 

 

 

#391 Talk about... VOL.11. From the graveyard,2017/08/13【蛇足】

こうやって、自分の父親が死んでから、ああでもないこうでもないことを、思いつくままに綴ってきて、もちろん何か結論が出るものではないけれど、それに付き合ってくれたであろう数少ない人たちには感謝しとりますよ。
 
人は一人で生きてるような顔してても、やっぱり他人の視線とか評価の中でしか生きられない動物なんで、そんでこんなminorな文章を書かんと生きてけんわけであります。
 
今日ゆえあって、墓地というところに行ってきました。
 
(念の為にゆっときますけど、うちの両親の墓じゃないですよ。自分がこれから先、親の墓の前に立つ日が再び来るのかどうかはわかりません。無宗教の墓には儀式はありませんからね。ただそこに骨壷が2つ鎮座しているだけのことです。彼らが何十年か生きたことの帰結としてね。おやじとおふくろ。でも彼らのDNAは自分の中にある。それが答えなんだと思います。だからおれが胸に手を当てた時に、そこにすでに答えはあるのだと思います。だから墓はやっぱり形でしかなく、儀式たちはおれの前を素通りしていくんです。そう、風が吹いてくみたいにね。)
 
で、お盆ということもあってか朝からなかなかのヒト・ヒトでした。
 
ほんとに此処にご先祖様はこんなところに帰ってくるんかいな?戒名があれば死んでから浮かばれるんかいな?墓はなんのためなんかな?宗教はなんのためにあるんかな?おれの行く場所はとにかく此処ではなさそうだな?そんな幾多のクエスチョンマークも、蝉の声とうだるような暑さと太陽が消し去ってくれました。
 
それで、この「talk about..」最後の最後に、「ああ、これもみんな愛なんだなあ、それでいいんだよなあ」という天啓が降ってきたのにはホッとしました。
 
また、そうじゃないとか言い出す日も来るかもしれないけど、大きな目でみたら、その(例えば愛する)ヒトと24時間一緒にいて価値観までも共有するんじゃなくってもいいんですよね、今はね。その考えは少しだけ淋しいことなのかもしれませんけど、「陽子(40代でなくなったアラーキーの奥さん)亡き後、すべての女性が恋人になった」ってことは「すべてがLOVE」ってことでいいんじゃないかって思います。絵を描くことも、酒を呑むことも、楽器を弾くことも、診察することも、そして生きてくこともね。
 
これで、一応、「Talk about..」シリーズ終了です。
中身は全部一緒の気もしないでもないですけどね。
多少なりとも付き合ってくださった皆さんに感謝しつつ。
 

 

#390 Talk about…2017/08/06 VOL.10. 「愛」ってたしかに因果応報なのかもしらんけど、

f:id:ulala_roo:20170811110828p:plain

因果応報なんて言葉があります。
 
親の因果が子に報いぃベベベン♪なんてていう風に、あんまり良い表現の方向では使われない感じがします。
そういえば2017/08/05(松前)の花火大会でもお化け屋敷もやってたけど、それこそ先祖の祟りで蛇女になったりした奴がいたりして、因果応報なんて煽り文句でアナウンスされたりするわけです(いまどきそんなレトロなんはないかも^^;)。
悪いことしてたら、来世で罰が当たるよとか、お天道様はちゃんとみてるよ、とか。まあ今ではそんな儒教的説教も通じんけどなあ(汗)
 
一方では「愛」とかいうのは崇高な言葉として使われがちだけど(それも今はちょっと地に落ちてるかんじがするのは、愛とセックスとが混同されてるせいなんだとは思うんだけど、愛のないセックスは確かにあるもんなあ、なんぼでも。でも愛とセックスはもう別で考えてもいいんじゃないかって、性病の患者さん診てたら、彼らをかばうんじゃないけど思ったりもするのだけど、これって職業病なんかなあ?)、愛が終わってしまって、例えば憎しみだとか不倫だとか離婚だとか死別だとか、なんかそういう形に終わってしまったら、はじまったときの「愛」はなくなってしまうんだろうか?
ネガティブな形に終結してしまった愛はそれこそ因果応報なんだろうか?
それらを始めっから存在しなかったことにできちゃうのかな?
 
なんてことも思ったりするわけです。
 
もう何年も前から断捨離をゆっくり進めているけど、捨てられないものはいくらでもある。
棚の中から古いビデオテープを引っ張り出してきて、故・サムシェパード氏の「ボイジャー」(1991)という映画を見た。
この映画も日本では dvd が発売されてないぐらいなので、きっと埋もれていくようなものなのだろう。
 
だから、筋書きみたいなことを言ってごめんなさいだけど、これは1957年とかそのあたりの時代のドラマだ。
サムシェパード演じる世界を股にかけるフェイバーという技師と、好奇心旺盛で知的でキュートな女子大生のジュリー・デルピーが、パリへの航海の客船上で知り合い、お互いに惹かれてゆく。
二人の愛は素晴らしい。そしてその愛にはやっぱり嘘偽りはない。
・・でも愛の帰結が、結局禁断のものであり、そうなってしまうと、愛していても二人はもう肉体として繋がることができない。
愛しているがゆえにというジレンマから、ふたりは繋がっているのに離れていく。
そして、そういったドラマにはやはり最後で悲劇が訪れる。
愛した女の子が、自分を捨てた(実は自分のほうが精神的に彼女を捨てたんだという残酷な事実も彼女から突きつけられる)女の娘だったという事実。
その事実と、女の子は死んで失われてもうこの腕には抱けないのだ、という事実。
それを引きずりながら生きていかなければならないのは、やはり因果応報といっていいのだろうか?
 
生きてゆくことはいつだってたしかに哀しすぎる。
 
で、自分のこと。
これから先、この自分にだってまたふたたび誰かを狂おしく愛する日が来るのかもしれない。
いやホント可能性はゼロとはいえんからねえ。
そう感じた時、もしその思いに蓋をしなければならないのだとしたら、それが正しいのか間違いかなんて、
そんな今更なことを書く気は毛頭ない。
 
だけど、だけど。
 
社会性という枠の中で、なんか芸能人は協奏曲のように不倫だの離婚だのという、生々しいドラマを演じている。
まあマスコミに踊らされて、自分たちも踊って、それでみんな納得してるだけのことなんだけど。
 
じゃあ社会性とかそういったハコみたいなものが取っ払われたとしたら、誰かを愛してもいいのかな?
娘と知っていて愛したのじゃなくって、結果として愛した女が娘だったら、それは許されるのか?
誰も傷つけなければ不倫は許されるのか?
サム・シェパードは赦されるのか、そして赦されるとしたら誰によって赦しは訪れるのか?
もとの妻か、自分自身か、死んだ娘(ジュリー・デルピー)か、神か?
 
わかんないよね、そんなこと。
 
で、再び自分のことであります。
おれは自分がとっくに赦されない人間だと知った。知っている。
地獄があるとしたら、死後、その業火に焼かれて当然だと思っている。でもそれだからといって現世を諦めるものではない。そのことだけは誓おう。
 
いろいろ書いても堂々巡りだ。
いつだって言葉は足りないんだ。
そして答えなどあったためしがない。
 
新聞のインタビューで読んだ、
天才写真家のアラーキーの以下の言葉は、
そういった問いに対する答えの一つかもしれないと思ったので引用しときます。
 
「陽子(40代でなくなったアラーキーの奥さん)亡き後、すべての女性が恋人になった」
そして、アラーキー前立腺がんになっても、碧眼になっても、生きとし生けるものを、森羅万象を「ヌード」として撮影しているんだ。
「心を裸にすることをヌードというのだよ」愛媛新聞2017/08/03)
 
「写真は真実でも現実でもなく、切実なんだ」
写真は、自分や他人を見続けるセンチメンタルなこと。結婚すること、生きること、その「時」が写っちゃう。カメラがセンチメンタルなんだな。もともと寂しがり屋なのに、カメラ持つから切実なことになる。朝日新聞2017/08/11)
 
・・だって!!
こんな素敵な言葉がスルスル出てくるんだからねえ。凄いです、師匠。
 

#389 Talk about…2017/08/04 VOL.9. サム・シェパードが死んだ。

f:id:ulala_roo:20170806080402p:plain

 

やはり、自分もある程度歳を取ってくると、自分のかつてのheroだったりした人たちの訃報を聞く機会が増えるのは仕方がないことなのだとは思う。
それでもやはり淋しすぎるものだよ。
 
 
なんとALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていたのだそうだ。
 
かつてブルース・スプリングスティーンがそうであったように、
シェパードもアメリカそのもの(不屈であり父性としてカウボーイとしてのアメリカ)をしょっていた、いや背負わされてた気がする。
 
それは彼の本意とは無論違ったろう。
でもヒトはだれも自分が自分をそうであると見ているようには見てくれないし、それが世の中というものだ。
自分だってきっとそうだろうし、
でも他人の中にいる自分もやはり自分の一部なのだと気づいて、落胆する時もあれば鼓舞されるときもあるので、今からだってそうやって、いろんな自分の一部を肥大させながら生きてゆくしかないのだと思っている。
 
サムは自分では、actorとしてよりwriter(脚本家?)として生きてきたのだと語っている。
ライトスタッフ」、「パリス、テキサス」、「FOOL FOR LOVE」、
でも僕らが目にするのはやはりスクリーンの中のサム・シェパードであり、
その幾多の映画で、彼はやっぱり強くっても弱くってもアメリカそのものを生きている気がする。
小品だったが、「ボイジャー」という、ジュリー・デルピーを娘と知らずに愛してしまうあれも良かった。
彼の散文の傑作である「モーテルクロニクルズ」を、最近数ページ紐解いて挫折していたところで、訃報をたまたま知ったのだった。
ただしこの本ももAmazonで調べると絶版になっているのだろう。18900円の値段がついていたのにびっくり。
自分は果たしてもう一回この散文を読み通せるのだろうかね?
そして、ジェシカ・ラングの名前も、サム・シェパードの死の知らせの傍らで、久々に聞いたけど、
彼女もデビューの「キングコング」とは違って、ほんとに意思がそのまま表情にでている女性のような気がして、好きだったなあ。
 
 (牧野植物園、高知、2017/7/9)
 

#388 ひとり『原田芳雄祭り』その9〜「悪夢探偵」(2007)

 
久々に原田芳雄さんに会った。
と言っても原田芳雄さんと面識があるわけでもない。
 
鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」の舞台挨拶をみるためだけに、
大学浪人している時、大阪まで行った(そんなことしてるから2浪したんかなあ)。
その時の原田さんは、本当にミリタリールックの髭ボーボーのあんちゃんだった。その感じでシャイに喋るわけですよ。
 
愛媛県のコミュニティセンターで原田さんと憂歌団のミニライブがあって出かけて行った。
その時原田さんのサインをもらった。
原田さんはレゲエのリズムで日本語訳したスタンドバイミーを歌われてて、それがすごく印象に残っている。あの「寝取られ宗介」の時と同じような歌い方だった。
 
原田芳雄さんは大腸がんで、73歳でこの世から消えた。
2011.7.19.
 
なのでもはや映画やCDという媒体を介してしかお会いすることはできないが、
そうやって、もうこの世には存在していない人にまた会いに行くという事が、仏事の意味なのだとしたら、仏事とかは意味があるのかもしれない。
 
いや何を俺は血迷っているんだ、
イマジン
想像した時に全てはホントになるとかつてジョンレノンは歌ったのではなかったのか
イマジン
想像するとき君はいつも隣にいるよ、って。
 
そんなわけで原田芳雄さんと会ったのは塚本監督の「悪夢探偵」(2007)の冒頭シーンだった。
 
原田さんの悪夢の中に降りて行った悪夢探偵松田龍平)は、原田さんをあちら世界においてきたまま出てくる。そして現実世界で、原田さんは息絶えるのだった。実はこの悪夢探偵は珍しく2作目まで作成されて、おりなかなか興味深い作品だった。
 
ちょい役でも原田芳雄はやっぱり原田芳雄だったのがなんだか嬉しかったんだ。
 
それにしても、塚本晋也もやべぇ監督の一人ではある。
 
ベタだけど、顔の中心が避けていったり、口が特殊メイクで陥没していったりする描写は、夢とは言え説得力ありありだ。
 
映像で見せるのは映画ならではで、好みにくい世界から自分を開放する一番いい方法は、自分ド命を立つことなんだ、なんでおれはこんな簡単なことに気づかなかったんだ、と叫ぶ安藤政信くんは痛々しくも、それが世界の真実だと気づいたいや知っていたおれは軽い嗚咽と嘔気の中で画面を観続けていたんだ。
 

#387 Talk about…2017/07/29 VOL.8. someday my prince will come.

 (牧野植物園、高知、2017/7/9)
 
いつか、いつか暇になったら、いつか時間ができたら、余裕ができたら。
曰く、「オーロラが見たい、マチュピチュ行きたい、リオのカーニバル観たい」
あれがしたい、じっくり取り組みたい。
「もっと絵に取り組みたい、楽器うまくなりたい」
でもそういうヒトに「いつか」の来る可能性は限りなくゼロに近い。
ゼロではないかもしれないけど、100から遠ければそれはゼロなのだと思う。
 
自分もしかりだ。
 
だけど、「やれない・できない」を他人のせいにするのはやめた。
少なくともやめんとイカンと思った。
それでも職業上、2泊以上のバカンスは取れないし、お盆も年末年始も仕事だ。
これを改善するためには、自分が一線を引くしかない。でもそれは今の時点では無理だし、out of rangeだ。
自分が自分で作ってきた「生活スタイル」のくせに、それにたいする愚痴は言うのだからしょうがねえ男だ。
キンタマのちいせえ男だ。
でもそれをヒトは贅沢というのだけど。
「わたしから見たら先生はやりたいことやってますよ」と言われたりもする。
だけどこれは比較じゃないからね。
 
まあ、上を見ても限りないし、下を見ても限りないし、いつだって隣の芝生は青いのだ。
だから、できる範囲で、帳尻を合わせようという努力は人一倍しているつもりだ。
無論それだって、半世紀生きてきて生活が安定してきたっていう経済的な背景が後押ししてくれてこその話ではあるんだけどね。
いつまでこのままいけるのか?
いつまでこの診療スタイルで世の中わたりあって行けるのか?
信じないかもしれないけどそういった恐怖感はいつも胸のうちにある。
この病院が廃れてしまって見向きもされないのではないかという危惧だってあるよ。
 
実は奇妙な夢を見た。
 
タクシーに乗っている。
運転手さんはこちらのことを熟知しているようである。連れてってくれる場所も知ってるみたいだ。
何故かクルマをなくした自分はそこに帰るしかない。
前部シートから喋りかけてくれるのだけど、肝心なところがノイズで聞こえない。その前後の文脈から適当に相槌を打っていると、どんどんわからなくなってゆく。でもなんか自分の身内のこともよくご存知のようなので、会話は途切れることなく続いてゆく。
もしかしておれの聴力が落ちてるってことなんかいな、と、不安ももたげてくる。
あっちにいってそこじゃない、そっちにいってもそこじゃないと、ついたところは、なんか風光明媚な山の酒蔵で、遠くの山は雪化粧で、そちらにワイナリーもあるという。
いや、おれの行きたかったのは確か自宅のはずなんだけどなあ、というと、あんたのお父さんもそんなことゆうてたなあと、古い土蔵のような倉庫から出てきた人懐っこいおばちゃんが言う。
まあとりあえず、風呂にでも入りんさいや。その間にうどんは打っとくからねえ、だって。
 
あの世も近いかもしらん。

 

#386 Talk about…2017/06/28 VOL.7. playing violin,playing sax.

2017/06/28は、ウクレレデュオ「オルオル」さんをバックにviolinを弾かせてもらいました。
曲は「バードランドの子守唄」、なんか、2回もやらせてもらえました。
自分だけではなかなか独り立ちできず、violinの先生に3rd positionの指使いを教えてもらったり、自分で作ったアドリブを今回はきっちり譜面にして、それを練習してのぞみました。
ホントは心の赴くがままに、音を紡ぎ出せればいいんでしょうけど、現時点ではその方法論は時期尚早と判断したわけです。
毎月、新しい曲を自分で決めて、それをどういう風に弾くか考えて、アレンジして、それで必死こいて練習してplayするんですけど、そうやって人前でできるのも、一緒に演奏してくださるスーパーミュージシャンの皆さんがいるおかげなんですよね。感謝です。
 
以下、独白です。
 
そうだよね。
JAZZは自由だよね。
例えばBeatlesのコピーをするのもすごいことだけど、下手くそでも自分のjazzをplayできたらいい。
でもおれのサキソフォンから出る音のなんとしょぼいことか。
一瞬だけでも楽譜から自由になってダンスが踊れたらいいのにね。
でもそのためにはやっぱり無茶苦茶な演奏ではだめなんだと思うんだよ。
だから、練習したり理論を学んだりするんだけど、自分の中から出てくるのは、やっぱり自分に縫い付けられた音だな、残念ながら、まだまだ。
 
まだまだまだまだ。
 
人生は一回こっきりだからね、そして始めるのに遅すぎることなんてきっとないのだと思う。
多分この文章は自分に必死で言い聞かせる目的で書かれてるんだろうね。
何回も書くけど、自分は、50を過ぎてから再び、やっとの思いで、「音楽」に邂逅できた気がするんだ。
自然にしてたら全てはこの指の隙間からこぼれ落ちていってしまうんだよ。
ぼやぼやしてたらいつの間にか棺桶の中で寝てたっと事にもなりかねない。
だから、せこいとかいわれても、意識的に「音」に向かい合う方法論しか持ち合わせてないんだ。
そして、今度こそは、長く付き合っていこうと思うんだよ。
 
竹原ピストルさんが、旅しながら全国の色んな場所で歌い続ける姿はあまりにもかっこよすぎたから、
玉置浩二さんのギターと声はあまりにもsexyだったから、
Kaori嬢のウクレレの弦を弾く指から溢れ出すなんていうのかなpassionのようなもの、
そんなこんなが、おれに力をくれもし、容赦なく打ちのめしてゆく。
戦争の足音がする国で、ピストルの代わりに、自分はやっぱり楽器を携えて、踊っていたいよ。
 
【追記】
まあ、それから進歩があるのかと言われると疑問ですけどね。
実は台に立てかけてたサックスが何故か自重でゴトンと落ちて、そんなに大した振動でもないはずなんですけど、吹いてみたら、なんか出るはずの音が出にくかったり、1オクターブ裏返ったりする。見た目に凹んでるとかはないんですけどね。
それで、現在マイ・サックスはドナドナで修理中で、バランス調整とか内部の油の補充とかそんな最中だそうです。なのでなんだか気が抜けた状態であるわけなんですけどね。