読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#227 横浜で作った「マイオリジナル・チキンラーメン」を食す。

日々の戯れ言 医学・医療・病院 料理

ちょっと過去の話を。

 

6月末の「日本透析学会」in横浜。

 

最終日の日曜日(といっても自分は土曜の午後に行っただけだけど・・)、昼の過激なランチョンセミナー終わって、一応学会場とおさらば。

パシフィコ横浜から歩いてすぐの「カップヌードルミュージアム」に集合。ここは世界の発明品とでも言うべき「インスタントラーメン」を発明した安藤百福さんの記念館でもある。

13:45現地集合。「チキンラーメンファクトリー」という、自分だけのオリジナル・チキンラーメンを、小麦粉をこねるところから開始してパッケージングまで行うという90分の体験を、ネットで申し込んでいたのだ。

 

どうも大阪にも同じ施設があるらしく、当日朝、空港に向かうタクシーに電話があった。「お客様は愛媛県ですけど、横浜で間違いありませんか?」「大丈夫です、今から横浜行きますんで」ははは。ご丁寧に恐縮です。

 

30分毎のエントリーが可能で、14時の回は45名位。自分はスタッフ二人と参加。こねて、押して、伸ばして、発酵させて、麺にして、油をかけて味付けてほぐして、瞬間湯熱乾燥で麺から水分を飛ばしてもらって、インスタントラーメンの出来上がり!待ち時間に自分でイラストを書いたパッケージに、自分で作った麺の塊を圧着してもらうというなんだか至福の時間。おお!大人も子供も、目の前の麺とかイラストに夢中になってる。これは素敵な時間だよね!

 

料金はたったの500円で、おみやげに工場で作ったチキンラーメンと、自分たちが使用したバンダナまでいただく。みんな子供に帰って、素直に絵も描いて、ついでに心もほぐしてと、まあまあ時間がない2日間の締めとしては最高だったかな。

体験の後ミュージアムの見学をしたけど、おしゃれでかつウィットに富んだ展示、もしやと思ってパンフレット見るとproduceはやっぱりあの佐藤可士和さんだった!

 

2週間前に、横浜のカップヌードルミュージアムで、マイオリジナルチキンラーメンを作りました。今日がその試食であります。

ジャケットもいろいろな待ち時間に自分で書き上げるのです。

これだけ見たらただのチキンラーメンでありますが、そういうわけで自分にとっては感慨深い味となりました。

これがラーメンを中心として作った、今夜の家ご飯であります。

 

その思い出のマイオリジナル・チキンラーメンをやっと昨夜の食卓に並べてみたわけです。

 

うーんチキンラーメンだけどチキンラーメンじゃないような、なかなか3分レシピ通りにやったのに卵は生っぽいし、でもとってもおいしかったですよ。
前日のおからサラダに、ヨーグルトを投入してよりなめらかにして、黒こしょうを振ってみました。ええ感じ。

オクラとクリームチーズのねばねばあえも添えて。

メキシコ産の巨大アボガドを、ポン酢とオリーブオイルでいただきます。これがまた美味いんだわ。

 

そういうわけで、大人の夏休み日記に、また新しい1ページが添えられたのでした。