読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#338 Bob Marleyと人生の長さ。彼女の笑顔。

日々の戯れ言 MUSIC
 
ボブ・マーレィは36歳で死んだ。
でも、今もその音楽は、こんなにもオレの心に楔を打ち込み続けている。
 
その意味で言えば、誰かさんの言うが如く、
生きた長さや時間じゃないよ、生きた密度なんだ、っていう事になるのかもしれない。
 
それでももっと長く生きていてほしかった人はたくさんいる。
あのひとの笑顔やポケモン話、あの娘のウィスパーボイスや空の話を、おれはもっともっと聞いていたかったよ。
 
Hit me with music,hit me with music.
 
音楽は打たれても打たれても恵みの雨のよう、そこに痛みはない。
慈しみの雨のように、おれを音楽でいつまでも打ちづづけておくれよ。
 
「音楽と愛こそがもっとも強力な武器だ。
 だれも傷つけることなく、すべてを救ってくれる」
 
キヨシローもおんなじようなことを言ってた。
でも愛は時に苦しい。
彼女は決して振り向かず、俺は一人で杯を重ねるだけだ。
 
でもボブはこんなふうにも続けてくれたんだ。
 
「ひとつのドアが閉まっている時、もっとたくさんのドアが開いているんだよ」
 
可能性は自分が諦めない限り、閉ざされることはないのだと信じたい。
誰もがそりゃあてっぺんにいけるわけでもないし、
でもジョン・レノンが言ったように、夢見る人でいようとする姿勢を捨ててはいけないよ。
 
「もし彼女がすごいなら、簡単には手に入らない。簡単に手に入ったら、彼女はすごくない。もし彼女に価値があったら、お前はあきらめない。お前がもしあきらめるなら、お前に価値がない。」
 
Don’t give up the fight!
 
泣かない女なんていやしない。だから涙を拭きなよ。
「No woman No cry」のリフレインを聴きながら
Everything's gonna be alrightと口ずさみながら、明日のドアに手をかけよう。
 
彼女は相変わらず遠くにいるけど、きっと涙の跡の笑顔を内包しているはずだ。