読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#133 Rikaちゃんの肖像

f:id:ulala_roo:20141028230621j:plain

 
久々に描いたような気がするけど、ついこないだも描いたような気がする。
絵を描くって、腕はまあ置いといて、素敵だ。
モデルの娘の顔をじっくり見ながら、ソレを自分の手の先に伝えてく。そしてその想念みたいなものが(おおげさだな)真っ白な紙の上で徐々に形になっていく。
自分の絵は消しゴムは使わないので、ちょっとおかしくっても線をどんどん重ねて、最終形にしてゆくだけだ。
それが酔っ払いスケッチだ。
時には、ワインのボトルに、ただのマジックで描くこともある。
弁当のおりの裏蓋にも描いた。そういえば最初は名刺の裏に描いてたな。
 
Rikaちゃんが嬉しい事言ってくれたよ。
「最近の絵は、なんかちょっと似てきてますよねえ」
そうなんだよね、なんか稚拙な絵ではあるんだけど、酔うと見知らぬ人まで描かせてもらったりしてるんで、単に枚数増えてるんで、そんで少しは腕も上がったのかもしれないのかな。
まあもともとのデッサン力もないし、遠近法もあやふやだし、系統だった学習もしてないし、ただの酔いどれ画伯なんですけどね。
あはは。
 
そんなわけでiPhoneの中の絵を見ながらぼーっと思ってたんだけど、Rikaちゃんとのりやんと知り合ってもう7年位になるのかもしれない。
大街道から西へちょっと入ったビルの2Fで「ぞーな」という店を、彼と彼女は二人っきりでやっている。
もうすぐ移転open2周年だ。
その前はワシントンホテルの裏の「のり庵」だった。
のりやんは、それはプロの料理人に言うべきコトバではないと思うけど、もう素晴らしい料理を繰り出してくる。
(ただし酒癖は悪いかも^^;・・それはあんたも一緒やと言われるかな?)
でも、勝手に言わせてもらうなら、「ぞーな」はなんのかんの言って自分のホームグラウンドだ。
そこでいろんな人と飲んだし、くっちゃべったし、いろんな出会いも別れもあった。これからもそうだろう。
Rikaちゃんの肖像画を見ながらそんなことを思ったんだ。
 


ぞーな - 大街道/洋食 [食べログ]