読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!(2)

生きる速さで書きなぐることができたらいいのだけど・・

#185 今夜、あの娘の声が聞きたい。


sheena and the rockets train train - YouTube

 

何をやっても徒労のような気がする日もある。

冷たい雨は心の襞に染みこんでゆくから。

毎日何百行もタイプする言葉たちや、日々の暮らしにも疲れ果てている。

 

もううんざりだ。

 

だから今日もお湯にラムを垂らしてみる。

あゝあの夜のホット・バター・ドラムは格別に温まったね。

甘すぎるのは苦手だから砂糖はいらないよ、

バターをちょっぴり、心のカケラもちょっぴり浮かべといてくれないかな。

 

物語の最後に救いがあるのなら、なぜあの人は自分を残して此処から出て行ったのか。

そして出て行った先でなぜあの人は命を落とさなければならなかったのか。

 

一般論を語りながらも、自分の顔色をうかがっている。

いいかいおれは君のために話してるんだと、言いながら、自分のために話してるんじゃないのか?

ところで今日のおれはごきげんさんかな?ふきげんさんかな?

Heyミスター、いつからお前はそんな変な顔色うかがうようなカラーのメガネをかけるようになったんだい?

 

あの娘の声が聞きたい、

あの娘の声が聞きたい、

今夜、あの娘の声が聞きたい。

この凍えた街でも、今夜、あの娘の声が聞きたい。

あの娘の声を聞けば何かが変わるわけでもないけど、それでも、今夜は、あの娘の声で眠りたい。